ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

教室 生徒募集

教室 生徒募集

今すぐお申込みの方は、こちらからどうそ↓お申し込みはこちらをクリック⇒

生徒募集を強化したい先生へ

まずは、これをご覧ください。

img03

これは、私のクライアントさんでピラティススタジオの先生の「強み」を表現したものです。

この「強み」を表現した結果、以下の変化が起きました

  • 集客力の高いホームページを作成できた
  • 検索結果の上位に表示された
  • 新たなファンが増えた(以前は年上の方が多かったが、年下、同世代も)
  • スタジオを移転したが、既存のクライアントは継続
  • レッスンフィーを値上げしたが、既存のクライアントは継続
  • クライアント数が2倍になり、通う回数も増えて収入アップ
  • 他店から変更されたお客さまが、新規のクライアントとなった
  • 紹介が増えた(ホームページが信頼できる内容だったとの感想) etc

成果には個人差があります

こちらのピラティススタジオの先生は、ある“31個”の質問に答えることで、ご自身の高いコミュニケーション力が「独自の強み」であることに気づかれました。

そして、その「強み」をお客さまの視点で表現したものが、上記のキャッチコピーでした。

ちなみに「強み」を表現する前後でレッスン内容などは、一切変わっていません。

にも関わらず上記のような変化をもたらしたのは、まぎれもなく「強み」が表現できたからです。

そして、ピラティスの先生にも関わらず「強み」を表現するときに“ピラティス”というキーワードが使われていない点が、興味深いところです。

  • なぜピラティススタジオの先生の強みに、ピラティスの「ピ」の字も出て来ないのでしょうか?
  • なぜ「強み」が表現できると、理想の生徒さんが集まったり、売上げを伸ばせるのでしょう?
  • 「強み」とは何でしょうか?

もしこれをお読みの先生で、ご自身にしかない「強み」を見出したいとお考えなら、ぜひお時間を取っていただき、これからお伝えすることをご覧になってください。

読むだけで、先生にしかない「強み」を見出せるヒントを掴んでいただけると思います。

つぎのような先生に「強み」の発掘をお勧めいたします

  • 生徒さんが集まらずにお困りの方
  • 独自の強みが、うまく表現できずにお困りの方
  • 強みを表現しているけれど、反響がないとお困りの方
  • 効果的なネット集客の手法を知りたい方
  • 訴求性の高いキャッチコピーを知りたい方
  • 理想的な生徒さんだけを集めたい方
  • 業界の認知度を広めたい方 etc

教室集客の専門家、増地 崇志

こんにちは!教室集客の専門家、増地 崇志です。

これから教室の生徒募集において、もっとも大切なことをお伝えします。

そしてそれによって、先生の教室は大きく変わるかもしれません。

教室の生徒募集でもっとも大切なことは?

ズバリ「強み」です。

(すでにお気づきだったかもしれませんね ^^;)

先生および、先生の教室にしかない「独自の強み」を見出し、表現できるかどうかが生徒募集の成果に直結していると言っても過言ではありません。

事実、私のクライアントさんで、1年で生徒数が58名から90名(現在も増加中)に増えたピアノ教室も、1ヶ月で30名近い生徒さんを集めたフラダンス教室も、生徒獲得コストが36,000円から9,000円にまで下がった学習塾も、その教室にしかない「強み」を発掘できたからこそ成果を手にすることができました。

逆を言えば、他の教室との明らかな違いを明確化し、かつお客さまに圧倒的に魅力的に伝わる「強み」が発掘できなければ、成約率の高いホームページに改善したり、SEO対策を施したりしても上記のような成果は得られないと断言いたします。

なぜ、それほど「強み」が重要なのでしょうか?

順を追ってご説明いたしますので、どうぞつづきをご覧ください。

「強み」とは、私はつぎのように定義しています

  • お客さまが先生の教室に通うべき理由
  • 他教室との明らかな違いを端的に表したもの
  • 先生がもっとも提供できる価値

もしくは、つぎのようにも言い換えることができます。

  • どんな生徒さんの
  • どんな悩みや欲求を
  • どのようにして解決することができるのか?

上記を明確に表現したものが「強み」と言えます。

今、お伝えしたように「強み」とは“お客さまが先生の教室に通うべき「理由」”です。

これをご覧の先生は、

  • ご自身および教室にしかない「強み」を明確に表現できていますか?
  • そしてそれが“お客さまが先生の教室に通うべき「理由」”になっていますか?

ネットを活用し、生徒募集する方法はさまざまです

生徒募集 教室

しかしその多くは“お客さまが先生の教室に通うべき「理由」”を、より適確に伝えるための「手段」に過ぎません。

私たちは“先生の教室に通うべき「理由」”がわかりやすく伝わるように、キャッチコピーを工夫したり、デザインを工夫したり、レッスン風景の写真を載せたり、ブログ集客を行なったり、SEO対策を行なったりしています。

けれどそれ以前に“お客さまが先生の教室に通うべき「理由」”が明確でなければ、いくら効果的な「手段」を用いたとしても、望んだ成果を得ることは難しいと私は考えます。

例えるなら、ねんざしているのに風邪薬を飲んでいるような状況と言えるかもしれません。

ねんざをしているならば風邪薬を飲むのではなく、湿布をしたり安静にすることで回復を早めることができますね。

つまり「強み」が明確化するからこそ、その「手段」として適切なマーケティング手法を選択することができ、その結果、効果的に生徒さんを集めることができるようになります。

そのため私は、クライアントさんをサポートする際に「強みの発掘」にもっとも注力し、時間をかけます。

そしてそれによって上記のような成果をもたらしていると、手前味噌ではありますが自負しております。

「強み」によって、つぎのような効果が期待できます

  • 他の教室との違いが明確になる
  • 自分がすでに価値ある存在だと気づく
  • 自信が高まる
  • 理想のお客さまが集まる
  • 成約率が上がる
  • 来店頻度が上がる
  • 値上げできる
  • なりたい自分に近づける etc

先生の教室と、似たような教室がたくさんあります

教室 生徒募集

例えばピアノ教室において、先生の教室と他のピアノ教室との違いを明確に理解できるお客さまは、意外と少ないのではないでしょうか。

また、お子さんをピアノ教室に通わせる目的は「ピアノが弾けるようになって欲しい」だけに留まらないと思います。

「音楽を通じて豊かな感性を育てて欲しい」「情操教育をしたい」といった“目的”をお持ちの方もいらっしゃいます。

そのように、教室に通わせたい目的が「音楽を通じて豊かな感性を育てて欲しい」や「情操教育」であるなら、その“方法”は必ずしもピアノだけとは限りません。

バイオリン教室やエレクトーン教室なども、選択肢として検討される方もおられることと思います。

教室 生徒募集

また同じように「運動を通じて、健康になりたい」ことが“目的”なら、その“方法”は「フィットネスジム」「ヨガスタジオ」「ピラティススタジオ」などが考えられるでしょう。

このようにお客さまが教室を選ぶとき、目の前にはたくさんの選択肢が広がっています。

そしてお客さまが「そのひとつひとつの選択肢がどう違うのか?」「自分にとってどの教室が最適なのか?」を理解するのは、とても難しいことだと私は考えます。

ですので先生にご理解いただきたいことは「先生が当たり前のように思っていらっしゃることが、お客さまにとっての当たり前ではない」ということです。

それは、先生の想像をはるかに超えています。

そして先生にとってのライバルの教室とは、もはや同業の教室には留まらないことがご理解いただけると思います。

「強み」があれば、何でもできる!

教室 生徒募集

しかし、その状況を一気に解消するのが「強み」です。

「強み」は、先生の教室と他の教室との違いを明確にします。そして、お客さまに明確な選択肢を提示します。

その結果、お客さまは自分にとって最適な教室を選ぶことができるようになります。

つまり「強み」は、先生のみならず、お客さまにとっても必要性の高いものであるということがおわかりいただけると思います。

なぜ「強み」が、表現できないのでしょうか?

教室 生徒募集

実は「強み」は、すでにあります。

すべての先生が、必ず他の先生や教室にはない独自の強みを“すでに”お持ちです。

しかしそれが、ご自身にとっては当たり前のことすぎて「強み」として気づいていらっしゃらないことも少なくありません。

それは、自分の目や鼻や口を見ることができないことと似ています。

(鏡に映った自分は、正反対の自分です。それは、本当の自分を見ているとは言えません)

つまり自分のことというのは、意外と見えている(=理解している)ようで、見えていない(=理解できていない)ものだと私は思います。

また「強み」と聞くと、他の教室などにはない「レッスン内容」や「メソッド」、「指導方法」、「教材」、「設備」といった“レッスンそのもの”に注視しがちです。

しかしそれら以上に、そのレッスンを提供している“先生”こそが、明らかに他の教室とは違う要素であると言えます。

ですので、先生の“パーソナリティ”こそが、強力な「強み」になることも少なくありません。

もちろん、先ほど挙げた“レッスンそのもの”も「強み」になります。

そして

【レッスンの強み x 先生の強み】

が、かけ合わさると、先生にしかない「独自の強み」として非常に強力な訴求力が生まれます。

「強み」を見出すうえでは、このレベルの「強み」をめざしたいところです。

でも、私には強みがありません

生徒募集 教室

「強みは打ち出してきたんですが、思ったような反響がなくて・・・」

「他とは明らかに違うレッスンをしているんですが、それが伝わらなくて・・・」

そのように、先生はすでに「強み」の重要性をご理解いただいているかもしれません。

そしてこれまでも「強み」を打ち出して来られたものの、望んだような反響が得られなかったのかもしれません。

しかしそのような場合は、つぎのことを検証してみてください。

実は「強み」を適確に表現するためには、「2つのハードル」を超える必要があります。

  • 1.強みを見出す
  • 2.強みを“顧客視点”で表現する

すべての先生に、必ず「独自の強み」があることは、先ほどからお伝えしてきたとおりです。

ですので先生の中には、ご自身の「強み」をしっかりと認識されておられる方もたくさんおられます。

しかしそれが、お客さまにとって理解できる表現として伝わっていないことがあります。

「強み」とは、お客さまに魅力的に感じられてこそ「強み」であると私は考えています。

先ほどもお伝えしたように、お客さまは先生および教室を熟知しているわけではありません。

だからこそお客さまが理解できる表現で、かつ魅力的に感じられる「強み」が求められます。

ですので先生がご自身の「強み」を認識されたら、それをお客さまが魅力的に感じられる表現にまで落とし込む必要があります。

それによってはじめて「強み」を「強み」として、認識してもらうことができます。

もし、これまで「強み」を打ち出してきたものの、思ったような反響に結びついていなかった先生は、上記の「2つのハードル」を検証してみてください。

すると、ちょっとした表現の違いによって、お客さまが魅力的に感じられる「強み」を打ち出せるかもしれません。

新たな可能性、売上げのケタが変わるチャンス!

生徒募集 教室

「“強み”が従来の教室のあり方を変え、先生の教室の売上げのケタが変わるほどのインパクトをもたらす」と言ったら、信じられますか?

実は先生がすでにお持ちの「強み」を活かし、そして「愛」を持って「創造力」を働かせれば、それは決して信じられない話ではありません。

もし、お料理教室の先生が、ご自身の「強み」を“健康情報の提供”と捉えたとき、お料理教室に留まらない活動が動き出します。

教室 生徒募集

例えば、地元農家さんとの提携による有機野菜の提供農業体験講座などの開催ができるかもしれません。

それらは「地産地消」を促進させたり、子どもたちへの食育、農家の新たな収益形態の構築や、健全な土壌の維持・開発、食料自給率の維持・向上、安全な食材の提供などの社会的意義の高い活動へと発展する可能性があります。

それによって国や自治体などからの助成金の提供や、ユニークかつ社会的意義の高い取り組みとしてメディアで取り上げられる機会があるかもしれません。

さらには、その活動を全国に広げるための講師としての役割を担うかもしれません。

このように、先生にしかない「強み」を活かし「愛」を持って「創造力」を働かせれば、社会的なさまざまな問題を解消するための中心的な役割を担うことすら起こってきます。

そしてそのときには、先生ご自身が上限だと思われていた「売上げの壁」を、軽くポーンと超えているはずだと思います。

「なんだか、壮大な話ですね、私はただ教室に生徒さんが増えてくれたらいんですが・・・」

そのようにお感じになられるかもしれません。

たしかに、先生のお気持ちはわかります。

今、私がお伝えしたことは、とても壮大な活動かもしれません。

しかし現実は、上記のような社会貢献を見据えて目の前の教室運営に取り組まれると、結果的に生徒さんが集まることになります。

むしろ「生徒をいかに増やすか?」という視点に留まるほうが、体験レッスンに来られた目の前の生徒さん一人に入会してもらうことにすら苦労してしまうだろうと私は考えています。

いずれにしても、先生にしかない「強み」を見出し、それをお客さまや社会にとって魅力的に感じられる表現で発信することが大切になります。

しかし、自分のことはよくわからない

生徒募集 教室

とはいえ、やはり自分のことはわかっているようでわからないものです。

先にお伝えしたように、自分の目や鼻や口を見ることはできません。他人が自分を見ている視点で、見ることはできません。

ですが、それに対して他人のことはよく見えている分、自分のこと以上に理解できたりしませんか?

ですので「強み」を見出す際にも、自分のことを“他人のいいところを見つける”かのように捉えることができれば、先生ご自身で「強み」を見出していただくことができるはずだと私は考えました。

しかもイメージ的には、ご自分を真正面から捉えるだけでなく、真後ろ、左斜め前、右斜め後ろといった感じで多角的に客観視をする。

それによって、どの角度からも見ても「強み」に映るものこそ、先生にしかない「真の強み」だと言えます。

先生にしかない「強み」を見出す方法

教室 生徒募集

先生が現在、先生として活動されるまでには、たくさんのご経験を積み重ねて来られたことと思います。

それは、指導やレッスンのためのご経験だけではなく、人生においてのさまざまなご経験も含まれています。

そしてそのひとつひとつが、優れた指導ノウハウや、価値あるレッスンに昇華されています。

つまり、先生はすでに価値ある素晴らしい存在です。

先生はすでに、先生にしかない「独自の強み」をお持ちです。

あとはそれに気づくだけ、世の中に伝わる表現をするだけです。

私はつねに、多くの先生に人気教室になっていただきたいと願ってきました。

さらには、広く社会を救う活動を行なう存在としてもご活躍いただきたいと思っています。

そしてそのための原動力となる、先生にしかない強力な「強み」を見出していただきたい。

そのような想いで、多くの先生方をサポートしてきました。

すると、その想いに応えてくださるように先生方は勇気ある実践を積み重ねてくださいました。

そうして私は、先生方の“試行錯誤”のおかげで、誰でも自分で「強み」を見出すことができる方法を、ひとつのワークとして結晶化させることができました。

それが

「強み発掘ワーク」

です。

【ダイジェスト動画】

この「強み発掘ワーク」は、31個の質問に答えていただくと先生にしかない「独自の強み」が浮かび上がってくるように設計されています。

そして「強み」を発掘するだけでなく、それをお客さま視点で魅力的なキャッチコピーにまで落とし込むことができます。

「強み」とは、新たに手に入れるものではありません。

先生が“すでに”持っておられる価値こそが「強み」になります。

そして先生がご自身の「強み」を、本当に必要としている生徒さんに届けられたとき、従来とレッスン内容が変わらなくても売上げが伸びはじめます。

さらには、先生が望んでおられる理想的な生徒さんが集まりはじめます。

これらの成果は「強み」を、お客さまが魅力的に感じられる表現にまで落とし込むことで“当たり前のように”起こります。

生徒募集 教室

さらにこのワークでは、増地のマンツーマンサポートをおつけしております。

お電話・スカイプ・LINE・FaceTime・Facebookのいずれかを利用して、オンラインミーティングの時間を持ちます。

ワークにご回答いただいた後、回答内容を増地が添削させていただきます。

そしてオンラインミーティングでは、より具体的に「強み」を浮かび上がらせる質問を増地から投げかけることがあります。

すると質問と回答を重ねて行くなかで、先生がふっと「強み」を口にされたり、お客さまを魅了するような「キャッチコピー」を発せられることがあります。

このように「強み」や「キャッチコピー」というのは、すでに先生の内側に存在しています。

私、増地はそれを引き出し、聞き逃しません。

これまで数々の教室の「強み」および「キャッチコピー」を発掘し、発信するサポートを行なって来た私が、先生にしかないオンリーワンの強みを発掘し、それを適確に表現したキャッチコピーをお渡しいたします。

先生が望んだ未来は「強み」によって創りだされます!

このワークで、つぎのような強みが生まれました

ピアノ教室のケース

寄り添い励ます個人レッスン

生徒に合せたペースで丁寧に指導いたします。

2歳〜78歳までが楽しくレッスン中!

学習塾のケース

固定担任型個別指導
難関校をめざすキミを合格まで一貫サポート

フラダンススクールのケース

カヒコ=古典フラ
アウアナ=現代フラ
オリ=詠唱・お祈り

がバランスよく学べます

借り物の「強み」ではなく「真の強み」を持つ!

教室 生徒募集

もしかすると上記のようなコピーを参考に、ご自身の教室の強みに応用してくださる先生もおられるかもしれません。

ご自身の教室の形態やレッスン内容が近しいものであれば、上記のような表現が使えるかもしれません。

しかし残念ですが、そのような表現は、先生が期待されるほどの反響は見込めないと思います。

なぜならそれは「借り物の強み」だからです。

上記の教室の「強み」というのは、教室の特長や先生の特長、教室への想い、またライバル教室との比較などを経て結晶化されたものです。

言うなれば、それぞれの教室に合せてあつらえた「“オーダーメイド”の強み」と言えます。

しかしながら、そのような表現を先生の教室で応用されたとしても、それは果たしてライバル教室との比較優位性があるものでしょうか?

先生の“ほんとうの想い”を反映したものでしょうか?

例えば「借り物の衣装」というのは、裾直し丈つめといったことで体格にアジャストさせることがありますよね。

それと似ていて「借り物の強み」をそのまま使った場合、どこかにいびつさが出てしまいます。

それをお客さまは、(不思議なくらい)敏感に察知されます。

そのため、思ったほど反響を得ることができません。

私の想いとしましては、もし表現を借りたとしても、ぜひそこから「先生の真の強み」へとアジャストさせていただきたいと思います。

そのときに、この「強み発掘ワーク」が大きな力になってくれると、私は信じております。

強み発掘ワークで得られること

  • 先生にしかない「独自の強み」が見つかります
  • 「独自の強み」を適確に表現できるようになります
  • 訴求力のあるキャッチコピーが表現できます
  • ホームページ・ブログなどでの成約率が高まります
  • 理想の生徒さんが集まるようになります
  • 体験レッスンからの入会率が高まります
  • 生徒さんの満足度が高まります
  • 先生の自信がさらに高まります etc

成果には個人差があります

強み発掘ワークで学べる内容の一部をご紹介しますと・・・

  • 理想の生徒さんを見出す質問とは?
  • 穴埋め式:生徒さんの悩みや要望を見出す質問とは?
  • 生徒さんの隠れたニーズを見出す質問とは?
  • 穴埋め式:魅力的に教室・レッスンを表現できる質問とは?
  • 生徒さんの受講を妨げる要因を見出す質問とは?
  • 先生の教室が生徒さんから選ばれている理由を見出す質問とは?
  • パーソナリティを強みに変える質問とは? etc

本編映像の講義時間:2時間05分、講義レジュメ:71P、ワークシートつき

受講料:3万円(税込み)

お支払い方法:銀行振込(一括)、クレジット決済(一括 or 分割3回)

受講特典:増地による添削およびキャッチコピー作成サポート

オンラインコンサルティング

先にもお伝えしたように、「強み」および「キャッチコピー」の発掘までを増地がマンツーマンでサポートさせていただきます。

お電話・スカイプ・LINE・FaceTime・Facebookのいずれかを利用して、オンラインミーティングの時間を持ちます。

オンラインですので、ご自宅にいながらアドバイスが得られます。

それによって先生に“客観的視点”をお持ちいただくだけでなく、増地という“第3の視点”を得ていただくことで、よりお客さまに近い視点での魅力的な「強み」および「キャッチコピー」を見出していただくことができます。

「強み」の発掘は、教室の生徒募集の根幹と考えております。

そのため、先生に揺るぎない「強み」を見出していただけるまで、じっくりサポートさせていただきたいと考えております。

その他、ネット集客・教室経営などについてコンサルティングアドバイスもさせていただくことが可能です。

なお、こちらの特典は、お申し込みから6ヶ月以内にご利用ください。

また受講者多数の場合、お受けしきれない可能性もあるため予告なく特典のご提供が終了になることがあります。

ご自分のホームページや教室経営などについて、直接的なアドバイスが得られる貴重な機会だと思います。ご希望の方は、ぜひお早めにお申し込みください。

LINE・Facebookでのミーティングも「通話機能」を利用し、実際にお話を伺いながら行ないます

お申し込みから受講までの流れ

以下の手順に従って、お申し込みを行なってください。

1.お申込み

下記ボタンをクリックし、お申し込みフォームに必要事項をご記入のうえ、送信してください。

お申し込みはこちらをクリック⇒

2.受講料をお支払いください

受講料料のお支払い方法は「銀行振込」または、「クレジット決済(Paypal)」をお選びいただけます。

分割でのお支払いをご希望の方は、クレジット決済をご利用ください

【銀行振込について:一括払いのみ】
一括でお支払いください。振込先口座はお申し込み後、個別にお伝えいたします。

【クレジット決済(Paypal):分割払い可】
Paypal(ペイパル)

ペイパルは、世界中で利用されている決済サービスです。ペイパルを利用できるオンラインショップは世界900万店以上です。また、203の国と地域で利用でき、26通貨に対応しています。

クレジット決済の場合、一括または分割(3回)でのお支払いがお選びいただけます。

ペイパルをご利用いただくには、ペイパルアカウントが必要です。無料で登録でき、登録後すぐにご利用いただけます。お申し込み後、決済フォームのURLをお伝えいたしますので、そちらでお手続きをお願いいたします。

分割払いの方は、お手続きが完了した日が課金開始日となります。 また、毎月同日が自動引き落とし日となります。

3.受講(ご視聴方法)

ご入金が確認できましたら、動画講座URLとパスワードをお伝えいたします(動画講座の視聴ページを開く際に「パスワード」のご入力が必要となります)。

またレジュメ・ワークシートは、上記ページでダウンロードしていただくことできます。

4.強み発掘ワークの添削

ご回答いただいたワークシートを、増地にお送りください。

回答内容を添削させていただいた後、オンラインでのミーティング日時を確定させたいと思います。

5.オンラインミーティング(約60分)

添削した回答をもとに、フィードバックいたします。

その際、回答内容に対してさらに質問をさせていただく場合があります。

それによって「強み」をブラッシュアップし、さらに魅力的なキャッチコピーをご提案させていただくことができます。

受講上のご注意

本講座は生徒数の増加を確約するものではありません。あくまで他の教室にはない、そしてお客さまにとって魅力的に感じられる「独自の強み」を見出す方法をお伝えしております。またそれに伴い、成約する確率の向上をめざしております。

成約の増減は、ライバルサイトの競合状況によっても変わってきます。しかしながらこれまでの実績としては、私がアドバイスしてきたクライアントさんの多くは独自の強みを発掘し、それをホームページなどで表現することで生徒数を増加しておられます。

お申し込みいただいてから、1週間以内に受講料をお支払いください。期限内にご入金が確認できなかった場合、自動的にお申し込みがキャンセルとなりますのでご注意ください。

ご入金後のキャンセル、受講講座の変更、ご返金はいたしかねます。十分にご検討のうえ、お申し込みください。

追伸:先生は、すでに価値ある存在です

生徒募集 教室

大切なことなので、最後にもう一度お伝えさせてください。

すべての先生、すべての教室に必ず「独自の強み」が存在します。

大切なことは、先生ご自身がその価値に気づいていただくことです。

先生にしかない「強み」、それをお客さまだけでなく先生にも認識していただきたいと思います。

「強み」が、理想の未来を創りだします。

このワークが、そのはじまりになることをお約束いたします。

最後までお読みくださり、感謝しております。

増地 崇志
増地 崇志

お申し込みはこちらをクリック⇒

【TSUNAGARUのミッション・ステートメント】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界の発展および社会のさまざまな問題を解決する中心的存在となる人材を多数輩出し、豊かで平和な社会の実現に貢献します
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「教室集客を自動化させて人気教室になる方法」

くわしくはこちらをクリック⇒

(必須)
(必須)

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。