ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

生徒募集の掲示板は集客に有効!?

生徒募集 掲示板

ネット上には、ご自身の教室をPRできる無料掲示板や登録サイトがたくさんあります。

そちらに登録すると、そこから教室への申し込みはあるのでしょうか?

生徒募集の掲示板を、効果的に活用する方法はあるのでしょうか?

これからお伝えする「生徒募集掲示板の活用法」は、つぎの方に読んでいただきたいと思って書きました。

  • 新規で教室を立ち上げ、生徒募集されたい方
  • 生徒募集掲示板のご利用を検討されている方
  • 生徒募集掲示板を活用して、生徒募集を行いたい方
  • 生徒募集は、何からはじめたらいいかわからない方
  • その他、効果的な生徒募集法を知りたい方 etc

もしこれをお読みの先生が、生徒募集のために掲示板の活用をご検討であれば、また、生徒募集にできるかぎり手間やコストをかけたくないとお考えなら、ぜひ2,3分ほどお時間を取っていただき、これからお伝えすることをご覧いただければと思います。

読むだけで、生徒募集および掲示板活用のヒントを掴んでいただけるはずです。

教室生徒募集の専門家、増地 崇志です

増地 崇志私は2004年にインターネットビジネスで起業し、これまで30業種を超えるビジネスのネット集客をサポートしてきました。

そして2011年より教室のための集客サポート「TSUNAGARU」をはじめました。

もともと私が教室のネット集客をはじめたきっかけは“母”でした。

私の母は、私が幼いころから母の父(私の祖父)が約40年前に創業した学習塾を引き継ぎ、塾長をしておりました。

母は毎日のように昼夜問わず綿密に授業の準備を行い、日々の授業に当たっている姿を間近で見てきました。

今振り返ると、私が学生時代の頃などは仕事と家事との両立は大変だったと思います。

そのような経緯を経て、私がインターネットビジネスをはじめて「ネット集客」のスキルを身につけて行くと「ネット集客で母の塾を手伝って上げたい」と自然と思うようになりました。

そしてホームページを作り、ネット集客に取り組んだ結果、ネットからの入会者を得ることができました。

下に載せております、ネットコンサルタントの平賀正彦先生のご著書「ネットの稼ぎ方入門」では、私の母の学習塾のネット集客事例が紹介されました。

またコンサルティングにおいては、おかげさまで15万円の講座をネットで集客する先生や、1ヶ月で30名の生徒さんを集められた先生、さらには1年で生徒数を約2倍にされた先生も出てこられました。

そしてそういった実績が認められ、専門誌に執筆をさせていただいたこともあります(下記写真右)。

事例提供 記事執筆

教室の生徒募集において、こんなお悩みを耳にします。

  • 広告を打っても生徒が集まらなくなってきている
  • 効果的な生徒募集の方法が知りたい
  • 立地が悪いので生徒が集まらない
  • 生徒募集のためには、何をすればいいかわからない
  • 生徒募集には、ホームページ・ブログ・チラシ、何からはじめればいいかわからない etc

これらを解消する方法として「掲示板」を利用することは効果的なのでしょうか?

結論:無料ならば掲示板に登録しておきましょう

これまで私のクライアントの先生は、生徒募集のための掲示板を利用してもらっています。

生徒募集および教室について無料で紹介できる掲示板やサイトって、調べるとたくさんあるんですね。

中には教室のジャンルに特化したような掲示板および、無料登録サイトもあったりします。

例えば、パン教室専門の掲示板、ピアノ教室の無料登録サイトなどです。

そのような掲示板や無料登録サイトがあるかどうかは、つぎのようなキーワードを検索してみてください。

「教室のジャンル + 掲示板」または「教室のジャンル + 無料登録」、「教室のジャンル + 無料紹介」

僕のクライアントの先生は、それらの掲示板に登録していただいています。

そして、そこからの申し込みがあったケースもありました。

無料で登録できて、申し込みも期待できるなら登録や掲示しておくに越したことはないでしょう。

お客さまは教室をどうやって探す?

しかし平均すると、掲示板を利用したことで劇的に申し込みが増えたというケースは稀です。

その大きな理由のひとつは、それらの掲示板や登録サイトが地域を限定していないことにあると私は考えています。

無料の掲示板や登録サイトは、全国の教室が紹介されているんですね。

けれど実際に教室を探しておられる方というのは、Yahoo!やGoogleなどで検索をして教室を探されることが多いんです。

しかも、そのときには「教室のジャンル + 地域名」といったキーワードで検索されることがほとんどです。

例えば「世田谷区 パン教室」、「広島市 ピアノ教室」といったキーワードですね。

こうした検索結果において、掲示板や無料登録サイトが上位に表示されたとしたら集客効果は高いと思います。

しかしながら、現状多くの掲示板はあまり上記のようなキーワードで上位表示されていません。

そのため、直接的な集客効果を実感されにくいのだと私は考えています。

掲示板の効果的な活用方法とは?

けれど、多少であっても無料で掲示できて申し込みや問い合わせが期待できるなら、掲示しておくメリットはあると思います。

ですが私は、それ以上に掲示板や無料登録サイトに登録しておくメリットがあると考えています。

少し専門的なのですが「バックリンク」という目的で、私は登録することをオススメしております。

これはYahoo!やGoogleなどの「検索対策」の一環になります。

どういういことかというと、掲示板や無料登録サイトに登録する際に先生のホームページのURLを記述しておくんです。

そうすると、掲示板から先生のホームページに向けて「リンク」が張られたことになります。

これを「バックリンク」と呼びます。

Yahoo!やGoogleの検索結果で、ホームページを上位表示させるうえで「バックリンク」の数が多かったり、質の高いバックリンクが張られているホームページは評価されやすいんですね。

また、ホームページが完成したばかりの頃というのは、検索システムにホームページを見つけてもらわないかぎり検索結果に反映されてきません。

そしてバックリンクは、検索結果に反映させるのを促進させる効果があります。

このような理由から、私は「バックリンク」を主目的として掲示板や無料登録サイトを活用されることをオススメしています。

生徒募集ツールの柱はホームページ

掲示板や無料登録サイトは簡単に登録ができる反面、記述できる文字数や内容に制限があることが少なくありません。

ですので、掲示板上の情報だけではお客さまが知りたい情報を網羅しきれない場合があります。

それに対して、ご自身が管理するホームページであれば、文字数や内容に制限がなくお客さまが知りたい情報をすべて伝えきることができます。

だからこそ、教室を探している方にできるかぎりホームページを見に来てもらうように集客方法を設計しておくことが望ましいと私は考えます。

検索結果に上位表示させることは、その目的の一環です。

そして、検索結果に上位表示させるための方法のひとつとして、掲示板などからのバックリンクを活用するようにしています。

まとめ:生徒募集掲示板は集客に有効か?

  • 反響は少ないものの、無料で掲示できるならやるとよい
  • ホームページのURLを記述しバックリンクを張る
  • ホームページを検索結果の上位に表示させる
  • ホームページで、お客さまが知りたい情報を網羅する

ぜひ、掲示板を効果的に活用してみてください。

教室集客が、今だけ“無料”で学べる動画セミナー

教室 集客

【サンプル画像】 教室 集客

無料動画セミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料動画セミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐに第1回目の動画講座をお届けいたします。

メールアドレス (必須) 例) sample@highcommunication.jp
お名前 (必須) 例) 山田花子

【TSUNAGARUのミッション・ステートメント】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界の発展および社会のさまざまな問題を解決する中心的存在となる人材を多数輩出し、豊かで平和な社会の実現に貢献します
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「生徒さんが倍増する“魔法のルール”」

くわしくはこちらをクリック⇒

(必須)
(必須)

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。


生徒さんが倍増する“魔法のルール”とは⇒