ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

【スクール生徒募集】お客さまがホームページに求めているものとは?

スクール 生徒募集

僕のクライアントさんには、教室をはじめて数十年という先生もおられます。

そういったご経験の深い先生方が、口を揃えておっしゃることがあります。

それは、つぎのようなことです。

「最近の生徒さんは、いろいろな教室を体験されたうえで教室を選ばれています」

昔は、口コミや紹介などによって即入会される生徒さんがほとんどだったそうです。

しかし現代はネットの発達によって、お客さまが自分でさまざまな教室を探すことができるようになりました。

お客さまの選択肢が増えたということです。

このような傾向は、別の見方ではそれだけお客さまが情報を求め、精査し教室に通うことに真剣であるとも言えます。

お客さまは、教室に通ううえで情報を求めています

そして、先生の教室に安心して通えるだけの“安心”を求めています。

その気持ちに寄り添って、安心を与えるだけの充実した情報を提供できれば必ずお客さまは、それに応えてくれます。先生の教室に、コンタクトを取って来てくれます。

それは決して、毎日のようにブログを書いて情報を提供しつづけてください、というわけではありません。

たとえ、一度作成したきりのTOPページの文章であってもそこに安心できる情報が届けられていればお客さまは、必ず応えてくれます。

事実、僕のクライアントさんはホームページをメインの集客媒体とし、そのホームページは、僕がサポートを請けた時点で改善を加えて以降、手を加えることはほとんどありません。

それでも安定して集客を実現できます。

なぜか?

それは、お客さまが知りたい情報をすべて伝え切るホームページを作るからです。

事実、クライアントさんの教室に通う生徒さんに教室を選んだ決め手を伺うことがあります。

そのときにいただく回答には、

「先生のホームページが一番くわしかったから」

という声をいただくことが多いです。

お客さまは、現代のようなさまざまな情報が乱立する中で、真に安心できる情報を求めておられます。

そして、その気持ちに寄り添って真に有益な情報を伝え切ることができれば、お客さまは、必ずそれに応えてくれます。お客さまから、コンタクトを取ってきてくれます。

もしホームページを「体験レッスンへの参加」を主目的とした場合「体験レッスンへの参加」というのがコンタクトになります。

ですから僕がサポートする際には、お客さまが真に求めている情報をじっくり探ることを大切にしています。

多角的にお客さまのニーズを検証します。

そのうえで、情報を伝え切るホームページを作り上げて行きます。

月並みな表現かもしれませんが、つねにお客さまに寄り添ったホームページおよび情報発信を心がけ、実践して行きたいですね。

教室集客が、今だけ“無料”で学べる動画セミナー

教室 集客

【サンプル画像】 教室 集客

無料動画セミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料動画セミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐに第1回目の動画講座をお届けいたします。

メールアドレス (必須) 例) sample@highcommunication.jp
お名前 (必須) 例) 山田花子

【TSUNAGARUのミッション・ステートメント】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界の発展および社会のさまざまな問題を解決する中心的存在となる人材を多数輩出し、豊かで平和な社会の実現に貢献します
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「生徒さんが倍増する“魔法のルール”」

くわしくはこちらをクリック⇒

(必須)
(必須)

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。


生徒さんが倍増する“魔法のルール”とは⇒