ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

五次元ライティング〜未来創造のポイント⑦〜

あなたの心が本当に望んでいることを言葉で表現できたとき、

それは現実化します。

言葉が未来を創ります。

描いた未来のその先まで辿り着く

それが

未来創造の文章術「五次元ライティング」です。

今回も、言葉で未来を創るためのポイントをお伝えします。

言葉に乗せる感情で現実が変わる

これまで「言葉で未来を創ることができる」とお伝えしてきました。

しかし今回は、毎回の冒頭に書いているこの言葉に注目していただきたいと思います。

それは

「あなたの心が本当に望んでいることを言葉で表現できたとき」

です。

エネルギーに善し悪しはない

言葉には、未来を創り出すエネルギーがあります。

それを古くから日本人は「言霊(ことだま)」と呼んだりもしていますね。

しかしあくまで言葉は、エネルギーがあるだけであって、そのエネルギーの方向性までは定められません。

そしてそのエネルギーの方向性を定めているのが「感情」です。

目には見えないけれど、言葉に乗せた「感情」が創り出す現実を決めていると言っても過言ではありません。

例えるなら、

「言葉とは車」で、「感情は車を運転する人」

と言えるかもしれませんね。

車はあくまで、人間よりもはるかに速いスピードで移動できる乗り物にすぎません。

そして車を使ってどこに行くか?は、その車に乗って運転する人が決めます。

大丈夫という言葉を使ったとき

もし「大丈夫」という言葉を「心から大丈夫!」という安心感のもとに表現したら、それは本当に大丈夫な現実を創り出すでしょう。

しかし同じ「大丈夫」でも、不安な気持ちから「大丈夫?」と表現したとしたら、それはかえって大丈夫じゃない(=不安な)現実を創り出します。

また「お金がない」という欠乏感や不安感から「臨時収入が入りました」と口にしたり紙に書いたとしても、それではなかなか臨時収入は得られません。

逆に臨時収入を得て、それでおいしいものを家族と食べているシーンを想像してワクワクした気持ちから「臨時収入が入りました」と口にしたり紙に書いたとしたら、それは現実化する確率は高いでしょう。

このように五次元ライティングでは、言葉と感情を一致させて表現させることを大切にしています。

あなたの心が本当に望んでいることを言葉で表現できたとき、

それは現実化します。

それが本当の意味での「言葉が未来を創る」ということだと考えています。

教室集客が、今だけ“無料”で学べる動画セミナー

教室 集客

【サンプル画像】 教室 集客

無料動画セミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料動画セミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐに第1回目の動画講座をお届けいたします。

メールアドレス (必須) 例) sample@highcommunication.jp
お名前 (必須) 例) 山田花子

動画教材:人気教室のつくり方7つのステップ

教室 集客

【ダイジェスト動画】

動画教材について、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

3ヶ月で、人気教室をつくる方法

教室 集客

「3ヶ月で、人気教室をつくる方法」について、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

【TSUNAGARUのミッション・ステートメント】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界の発展および社会のさまざまな問題を解決する中心的存在となる人材を多数輩出し、豊かで平和な社会の実現に貢献します
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「生徒さんが倍増する“魔法のルール”」

くわしくはこちらをクリック⇒

(必須)
(必須)

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。


生徒さんが倍増する“魔法のルール”とは⇒