ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

自宅教室を開業するメリットとネット集客のポイント

自宅教室 集客

僕の母は、25年以上学習塾を経営しています。

もともとは、母の父(僕の祖父ですね)が創業した学習塾なんですね。

それを引き継ぐ形で、母が塾長として運営を行なって来ました。

母は、学習塾に自宅から車で1時間ほどの時間をかけて通っていました。

また、講師の先生も数人雇っていました。

しかし年齢を重ね、体力的にも通いつづけるのが大変になったため、その学習塾は閉じ、今は自宅で英語スクールを開講しています。

こんにちは、教室プロデューサーの増地 崇志と申します。

僕は2004年にインターネットビジネスをはじめて以降、30業種以上のホームページ制作やネット集客コンサルティングサポートを行って来ました。

現在はおもに、教室の先生向けにネット集客のコンサルティングサポートおよびホームページ制作に携わっております。

最近は「自宅教室」や「おうち教室」というフレーズを目にすることが多くなったように感じます。

またネットの発達によって、ホームページやブログ、Facebookなどでご自身の教室を簡単に告知できるようになったことも、「自宅教室」や「おうち教室」というフレーズを目にすることが多くなった要因かと思います。

先にもお伝えしましたように、僕は間近で母が教室をやっている様を見てきました。

そして、店舗を構えて講師を雇う形態の教室と、自宅でひとりでの形態の教室のどちらもを見てきました。

その経験から申し上げると、これから教室を開業されるのであれば、僕は「自宅教室」での開業をお勧めします。

さまざまな理由がありますが、今回は自宅教室のメリットを3つお伝えしたいと思います。

自宅教室のメリット1.家賃がかからない

教室スペースを借りると、家賃がかかります。

しかし自宅教室であれば、家賃は要りません。

もしかしたら「おうちを建てたときのローンがある」という方もいらっしゃるかもしれません。

でも、もしおうちとは別に教室スペースを借りたとしたらローンに加えて、教室の家賃がかかります。

その経費を削減できることは、大きなメリットです。

自宅教室のメリット2.移動しなくていい

母は、自宅から1時間以上の時間をかけて教室へ通っていました。

自宅教室であれば、この移動時間をカットできます。

その分の時間をレッスンの準備に充てたり、教室のお掃除に充てたりと、とにかく時間が増えることは非常に大きなメリットです。

「1時間もかからない距離だったら、いいだろう」

そう思われるかもしれません。

しかし短い時間であっても「移動する手間」があることには変わりません。

そしてこの手間は、年月を追うほどにボディブローのように効いてきます。

仮に10分程度の移動距離であったとしても、レッスンを終えて疲れて家路へ向かう10分は思ったよりもめんどくさいものです。

やがて「これぐらいの距離を移動するなら自宅でやったほうがいい」と感じられると思います。

自宅で教室ができることが、心身の負担を大きく和らげてくれます。

講師を雇わなくていい

これは、どんな教室をやりたいのか?どのくらいの規模の教室をやりたいのか?によって変わるとは思います。

しかし人を雇う、というのは慎重に行なうべきだと僕は思います。

なぜなら事業において大変なのは、生徒さんを集めたりする「集客」よりも、実は「人間関係」だからです。

あるサロン経営者のケース

僕のクライアントさんで、自宅でサロンをやられていた方がいらっしゃいました。

お客さまからの評判もよく、やがて予約が取れないくらい人気サロンになりました。

そこでその方は、広めの店舗を借りて移店をされたんですね。

今までひとりで施術をしていたのをスタッフを雇い、一度に複数のお客さまを受け入れられる体勢を整えました。

しかし1年も経たずにその方は、ひとりサロンに戻されました。

理由は、スタッフさんが思ったように動いてくれなかったからだそうです。

指導しても思ったようなサービスをしてもらえない、だからお客さまがリピートされない。

そこで従業員教育を行なったけれど、厳しく指導するとすぐに辞めてしまう。

そのため、自分のサロンなのに従業員に気をつかいながらお仕事をしなければいけなかったそうです。

売上げを伸ばすときには、人を雇うことも必要かもしれません。

けれど人を雇うということは、従業員さんたちにお給料を払わなくてはいけません。

また、従業員さんたちの生活を守る責任も発生します。

そうすると、規模を大きくしたとしても人件費などで思ったほど利益が残らないというケースもあります。

にも関わらず心労が増えるということは、できれば避けたいですよね。

これはサロンのケースですが、教室であっても同じことが言えると思います。

以上の理由から、ストレスなくしっかりと利益を残していく経営をするうえで「自宅教室」は優れたビジネスモデルであると僕は考えています。

経費をかけないネット集客のポイント

自宅教室を開業する時点で考えておきたいのは「集客」です。

教室をはじめたものの、生徒さんが集まらなければレッスンはできませんよね。

そこで活用したいのが「ネット」です。

今の時代は手軽にお金をかけず、ご自身の教室を宣伝できるネットの媒体がたくさんあります。

しかし、闇雲にブログを書いたりFacebookに投稿しているだけだと、思ったような成果が出なくてお困りの声を耳にすることがあります。

そこで、自宅教室に効果的なネット集客のポイントをお伝えしたいと思います。

検索結果の上位表示をめざそう!

多くの方にご自身の教室を知ってもらう、そして申し込んでもらうためにお勧めなのは「検索対策」です。

「検索対策」とは、特定のキーワードで検索したときに検索結果の上位表示をめざす方法です。

専門用語で「SEO(えすいーおー)対策」と言います。

自宅教室のようにエリアが限定されている場合、検索結果の上位表示はさほど難しくありません。

そしてご自分んでもできるベーシックな対策で、比較的上位表示は実現できます。

検索される方というのは、何か情報を探していたり解決したい悩みや欲求をお持ちの傾向にあります。

そしてそれらを解消したくて自発的にキーワードを入力し、検索結果の中からホームページを選んで訪れています。

こういった方は、申し込みに結びつく可能性が高いです。

「自宅教室」の場合、上位表示をめざすと効果的なのは

「●●市 〜〜教室」

のような、市区町村名と教室のジャンルを組み合わせたキーワードです。

例えば「世田谷区 パン教室」のようなキーワードですね。

いかに見込みの高い方に見てもらうか?

集客のためにブログを書いたり、Facebookに投稿されている方をよく見かけます。

しかしながら、今ひとつ成果に結びつかないと、ご相談いただくことも少なくありません。

それはアクセスは集まるものの「見込みの高いアクセス」が集まっていないことが原因だと考えられます。

例えば、世田谷区(東京)にある自宅教室をやっている方のブログを、北海道の方が見ていたり沖縄の方が見ているとしたら、なかなか申し込みには結びつきづらいでしょう。

ですので、SEO対策で見込みの高いアクセスを集めるほうが、その後の成約(申し込み)につながりやすい傾向にあります。

とりわけ教室ビジネスおいて、ホームページなどへのアクセスの「数」は問題ではありません。

むしろ通ってくれる「質」の高いアクセスを集めることが、自宅教室への集客においてとても大切です。

次回は、申し込みが増えるホームページのつくり方についてお伝えしたいと思います⇒

教室集客が無料で学べる動画講座

教室 集客

下の画面をクリックすると、ダイジェスト映像をご覧いただくことができます

くわしいご案内はこちらをクリック⇒

無料動画講座のお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐに第一回目の動画講座をお届けいたします。

メールアドレス (必須) 例) sample@highcommunication.jp
お名前 (必須) 例) 山田花子

【TSUNAGARUのミッション・ステートメント】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界の発展および社会のさまざまな問題を解決する中心的存在となる人材を多数輩出し、豊かで平和な社会の実現に貢献します
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「教室集客を自動化させて人気教室になる方法」

くわしくはこちらをクリック⇒

(必須)
(必須)

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。