ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

スクール集客に効果的なアメーバブログのタイトルつけ方とは?

スクール集客において、アメーバブログ(アメブロ)を利用されている方も多いと思います。

ネット集客の観点から、ホームページに加えてアメブロなどの媒体を複合的に活用して行くことは非常にいいことだと思います。

集客経路が複数でき、集客に厚みが出てきます。

ではそのようにアメーバブログを活用するうえで「効果的なタイトルのつけ方」について考えてみましょう。

アメブロの媒体特性

アメブロは、例えるなら「巨大ショッピングモール」のようなものです。

多くの店舗が出店していて、さまざまな人のさまざまなニーズを満たすことができます。

そのため、ひとつひとつのお店がというよりは「ショッピングモール」という場所そのものに集客力があります。

アメブロは、日本最大級のブログサービスであり芸能人もたくさんアメブロでブログを書いておられます。

そういった後押しもあって、アメブロそのものに集客力がありアクセスが集まりやすい特性があります。

見込みの高いアクセスを集めるコツ

ショッピングモールに訪れる人たちの中には、特にお目当てのお店はなく“なんとなく”来店している方もたくさんいると思います。

そういったお客さんというのは、あまり購買に結びつくお客さまとは呼べなさそうです。

それと似ていてアメブロの場合、集まるアクセスの中には先生のスクールの見込み客となり得ないアクセスも含まれています。

そのようにアクセスが見込める反面、見込みの低いアクセスが含まれていることを理解しておく必要がありそうです。

そこで、見込みの高いアクセスを集めるコツとして「タイトルのつけ方」がポイントになります。

タイトルでどんなブログかがすぐに理解できる

ブログタイトルを読むだけで

・誰のための(対象読者)ブログなのか?

・どんなことが書かれたブログなのか?

・読むことで、読み手はどんなメリットがあるのか?

そういったことが伝わるタイトルが望ましいです。

例えば

1日5分、ビジネスパーソンのためのビジネス英語レッスン

というタイトルであれば、対象読者は「ビジネスパーソン」であることがわかります。

また「1日5分」、「ビジネス英語レッスン」ですので、ビジネスシーンで使う英語フレーズなどを学べるブログというイメージが湧きませんか?

それから、

はじめてのエレキギター上達テクニック

というタイトルであれば、エレキギター初心者の方が上達できるためのテクニックを教えてくれるブログというイメージが湧くと思います。

エレキギター初心者の方にとって、上達できるテクニックが学べるというのはメリットがあります。

このように見込み客の方が思わず読みたくなるブログタイトルが、見込みの高いアクセスを集めてスクールへの集客を促すうえで効果的です。

教室集客が、今だけ“無料”で学べる動画セミナー

教室 集客

【サンプル画像】 教室 集客

無料動画セミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料動画セミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐに第1回目の動画講座をお届けいたします。

メールアドレス (必須) 例) sample@highcommunication.jp
お名前 (必須) 例) 山田花子

【TSUNAGARUのミッション・ステートメント】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界の発展および社会のさまざまな問題を解決する中心的存在となる人材を多数輩出し、豊かで平和な社会の実現に貢献します
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「生徒さんが倍増する“魔法のルール”」

くわしくはこちらをクリック⇒

(必須)
(必須)

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。


生徒さんが倍増する“魔法のルール”とは⇒