ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

ホームページ集客のポイント「絞り込み」

次の文章を読んでみて、どのような印象を持たれますか。

女性にオトクな情報です。

もし街中を歩いていて、上記のような声をあげている
人がいたら気になるでしょうか?

これおもしろいことに「女性にオトクな」と言っても
男性も気になるものなんです。

ではこれはどうでしょう。

お子さんをお持ちのお母さんにオトクな情報です。

先ほどよりも対象が絞り込まれました。

対象は絞られますが、該当する方にとっては

「え?ナニナニ!?」

と、さらに聞き耳を立てたくなるのではないでしょうか。

ではつぎにこれはどうでしょう。

20代で2人以上、お子さんがいらっしゃるママに
保険料が30%もお安くなるお知らせです。

超具体的に絞り込んでみました。

これはかなり対象が絞られていますよね。

20代で子どもが2人以上いるママでないといけませんし、

しかも保険についてのお話ですから、保険をかけている
人しか該当しません。

そしてオトクな情報も具体的に保険料が30%安くなる
情報としました。

非常に対象者は少ないでしょうが、しかし上記に該当する
人にとっては話を聞かずにいられないと思います。

だって保険料が30%安くなるんですから・・・。

今ご紹介したのは一例ですが、実際にこのような
絞り込んだメッセージを発信すると、

対象者に深く響くメッセージとなる、だけじゃなくて
実はその周辺の方にも響きます。

例えば、上記の例だと

「30代は(保険料が安くなる方法)ないんですか?」

とか

「子どもが1人なんですけど、キャンペーンはいつまで?」

とか、知り合いに知らせるために、概要を聞いてくる
男性も出てくることもあります。

どうしてそのようなことが起こるのか?というと、

メッセージを具体的に絞り込むことで、消費者に対して
そのメッセージが深く響くようになるからです。

結果、対象者だけじゃなくその周辺の人にも
響いて行くんです。

マーケティングではよく、ターゲットとかサービスを
絞り込みましょう、というセオリーがあります。

これは、上記のような好結果につながりやすいから
だと言えます。

イメージ的には絞り込むと対象が狭くって、お客さんが
集まらないんじゃないか?と思いがちです。

けれど、実際は逆ですね。

もちろん、どのくらい絞り込むのか?というさじ加減は
その状況に応じて、熟考しなくてはいけません。

しかしながら、絞り込むことがいい結果につながりやすい
というのは、ほぼ間違いないと思ってもらっていいと思います。

メッセージは具体的に、絞り込んで伝えるようにしましょう。

教室集客が無料で学べる動画講座

教室 集客

下の画面をクリックすると、ダイジェスト映像をご覧いただくことができます

くわしいご案内はこちらをクリック⇒

無料動画講座のお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐに第一回目の動画講座をお届けいたします。

メールアドレス (必須) 例) sample@highcommunication.jp
お名前 (必須) 例) 山田花子

【TSUNAGARUのミッション・ステートメント】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界の発展および社会のさまざまな問題を解決する中心的存在となる人材を多数輩出し、豊かで平和な社会の実現に貢献します
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「教室集客を自動化させて人気教室になる方法」

くわしくはこちらをクリック⇒

(必須)
(必須)

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。