ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

ネット集客にスマホ対策が必須!

昨日ネットであるデータを見つけました。

日本のスマホ普及率は25%、主流は従来型
─Googleの世界調査 有料アプリインストールは世界一

Googleが調べたデータによると、日本のスマホの普及率は
ケータイユーザーの全体の25%なんだそうです。

つまり、未だにガラケーが主流ということですね。

しかしアジアに目を向けると、お隣の韓国はスマホ普及率が
なんと73%、次いでシンガポールが72%という高水準だそうです。

そして、ここからがネットビジネスをされている方に
とっては重要な結果だと思います。

スマホユーザーに限ってみると、

「Webに接続する時間が以前よりも増えた」という人が
全体の40%いるとし、「毎日検索を行う」という人が69%、

さらに、「商品やサービスの情報を収集したことがある」が
81%という結果が出ました。

それから

スマホの利用目的としては、メールやSNSなどの
「コミュニケーション」が90%、

Webサイトの閲覧やゲーム、動画、音楽などの
「エンターテインメント」が88%、

ブログやニュースをチェックする「最新情報の入手」が
64%だったそうです。

スマホでスクールのサイトを探したりするのは、
エンターテインメントと最新情報の入手、どちらにも
当てはまる気がします。

スマホをお持ちの方なら、ご自身の経験からすでに
上記の結果を体感しておられるのではないかと思います。

ボクもスマホにしてから、ダンゼン、検索とかネットを
利用する時間は増えました。

こうなってくるとやはり、スマホ対策というのが
必須になってくると思います。

スマホでPC用のサイトを見ると、どうしても文字が
小さくて読みづらいなどの問題が起こります。

それによって、スマホで閲覧しているユーザーの
成約率を落としてしまうんですね。

なので、スマホ用にサイドメニューをなくした
1カラムと呼ばれるレイアウトにするのが望ましいです。

しかもこれをPCだったりスマホだったり閲覧する
媒体に応じて自動的に変換してくれる

「レスポンシブデザイン」というタイプのホームページに
することをオススメします。

これに関しては、今あるホームページをレスポンシブに
変えるよりも、

新しく作るホームページはレズポンシブデザインで
作るほうが手間がかからないですね。

ご自身でHPを作られる場合でもJimdoなどの
無料HP作成サービスなどは、レスポンシブデザインが
組み込まれています。

だから、普通にそれでホームページを作れば、スマホで見たときに
自動でスマホ用のレイアウトに変換してくれます。

いずれにしても、まだ日本の普及率は25%ですから、
これからまだまだ右肩上がりに伸びて行きます。

これを見越して、スマホ対策にも力を入れておかなくては
いけないですね。

教室集客が無料で学べる動画講座

教室 集客

下の画面をクリックすると、ダイジェスト映像をご覧いただくことができます

くわしいご案内はこちらをクリック⇒

無料動画講座のお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐに第一回目の動画講座をお届けいたします。

メールアドレス (必須) 例) sample@highcommunication.jp
お名前 (必須) 例) 山田花子

【TSUNAGARUのミッション・ステートメント】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界の発展および社会のさまざまな問題を解決する中心的存在となる人材を多数輩出し、豊かで平和な社会の実現に貢献します
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「教室集客を自動化させて人気教室になる方法」

くわしくはこちらをクリック⇒

(必須)
(必須)

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。