ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

AIDAの法則から学ぶ、勝負は開始0.2秒

昨日のブログでは、ホームページにおける
「3ない原則」というのをご紹介しました。

特にお伝えしたかったのは、読み手はホームページの
中身を読む以前の段階で見てない、ということです。

見てないというか・・・、電車とかで流れる景色を
ぼんやりと見ているような、

なんとなく見ているので、じっくりと注目しては
ないということですね。

今日はそれに関連した内容を書きたいと思います。

マーケティング用語で「AIDAの法則」というのが
あります。

ご存知の方も多いと思います。

これは消費者が商品を購入するまでのプロセスを
表したものです。

購買決定のプロセスが4つのパートに分かれていて
それらの頭文字を合わせたもので

Attention = 注意

Interest = 関心

Desire = 欲求

Action = 行動

を、それぞれ指しています。

さらに、このAIDAの法則から派生した法則で、

AIDMAとか、AISAS、AIDCAといったものまで
あるそうです。

結局どれが正しいの?なんてギモンも湧いて来ますが、
共通して言えることは、

どの法則においても必ず、AttentionとInterestは
含まれています。

そして、Attentionからはじまっています。

ですから、消費者がどんな商品を購入するにしろ

1.はじめに気づいてもらって(Attention)
2.興味を持ってもらう(Interest)

という要素や順番は、テッパンだということだと思います。

つまり、

ホームページでどれだけいいこと、興味深いことを書いていても、
気づいてもらえないことには、意味がないのです。

「気づかないってコトはないでしょう・・・」

そう思いますか?

でも昨日お伝えした「3ない原則」を思い出してください。

ユーザーというのは、ボクたちが思っている以上に
はるかにホームページを見てくれていません。

だからこそ、まずは気づくというAttentionから
購買決定プロセスがはじまるんです。

Attentionとは、単純にパッと目に飛び込んでくる
インパクトですね。

写真とかキャッチコピーとか、そういったものが
パッと目に留まるかどうか?

ホームページを開いた瞬間、そこから勝負ははじまっていて、
その瞬間で勝負がつくこともあるのです。

反応の取れるキャッチコピーとか、そういった要素は
Attentionをクリアした後のことです。

その前に勝負がつかないように、まずはAttention。

ぜひ覚えておいていただきたいですね。

教室集客が無料で学べる動画講座

教室 集客

下の画面をクリックすると、ダイジェスト映像をご覧いただくことができます

くわしいご案内はこちらをクリック⇒

無料動画講座のお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐに第一回目の動画講座をお届けいたします。

メールアドレス (必須) 例) sample@highcommunication.jp
お名前 (必須) 例) 山田花子

【TSUNAGARUのミッション・ステートメント】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界の発展および社会のさまざまな問題を解決する中心的存在となる人材を多数輩出し、豊かで平和な社会の実現に貢献します
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「教室集客を自動化させて人気教室になる方法」

くわしくはこちらをクリック⇒

(必須)
(必須)

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。