ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

広告の目的は3つ!

「広告の目的とは?」ということについて
書いてみたいと思います。

「広告」とひと口に言っても、目的によって
その有り様は違ってきます。

ボクは広告には大きく分けて3つ目的が
あると思うんですね。

1.販売(集客)

2.認知

3.信頼

1.の販売とか集客を目的とする広告は、いわゆる
「ダイレクトレスポンス広告」と言って、

読み手にすぐに行動を促すような要素を組み込んで作ります。

2.の認知や3.の信頼というのは、わりと資本力のある
スクール団体や、企業がおこなっています。

新聞にどどーんと広告を出すとか、TVコマーシャルを
打つとか・・・

そういったことを繰り返すことで、その企業を
知ってもらう。

また、TVのコマーシャルを行っている会社というのは
信頼感が高いと思います。

小さい企業であってもね、折り込み広告とかミニコミ紙の
小枠広告などに繰り返し広告を出したり、

あと、のぼりや看板など少額でできる宣伝活動には、
認知を促し、信頼を高める効果があると思います。

ただ、ダイレクトに集客や売り上げには結びつきにくい
という側面があります。

ダイレクトに売り上げや集客に結びつけたいのであれば、
ある程度、コピーライティングのスキルが求められます。

「通販生活」のような、魅力的な写真と文章でお客さんの
感情を動かし、行動させるチカラが必要です。

しかし広告をつくるときには、イメージを印象づけたい
場合もあります。

ブランドの広告などは、コピーはほとんどありません。
ブランドのロゴすら小さくて目立たないこともあります。

でも、それはそれできちんと目的に沿って作られているので
ボクはOKだと思います。

広告作成において大事なのは、

何の目的で広告をつくるのか?

ということを明確にしておくことです。

先に挙げた

販売が目的なのか?

認知や信頼が目的なのか?

その目的に沿った広告を作ることができれば
求めた成果が得られるはずです。

広告の成果が出ないのは、目的が曖昧だったり
目的をごっちゃにして作ってしまうケースです。

もちろん、販売目的の広告に認知や信頼の効果が
ないわけではありませんし、

認知や信頼を目的とした広告でも、何度も目に
すればやがて購買に向かうこともあります。

けれども、作り手のスタンスとして

何のために、どういう成果を得たくて、この広告を作るのか?

を明確にしておいたほうが、求める成果を得られる
確率はぐーんとアップすることは間違いありません。

教室集客が、今だけ“無料”で学べる動画セミナー

教室 集客

【サンプル画像】 教室 集客

無料動画セミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料動画セミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐに第1回目の動画講座をお届けいたします。

メールアドレス (必須) 例) sample@highcommunication.jp
お名前 (必須) 例) 山田花子

動画教材:人気教室のつくり方7つのステップ

教室 集客

【ダイジェスト動画】

動画教材について、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

3ヶ月で、人気教室をつくる方法

教室 集客

「3ヶ月で、人気教室をつくる方法」について、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

【TSUNAGARUのミッション・ステートメント】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界の発展および社会のさまざまな問題を解決する中心的存在となる人材を多数輩出し、豊かで平和な社会の実現に貢献します
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「生徒さんが倍増する“魔法のルール”」

くわしくはこちらをクリック⇒

(必須)
(必須)

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。


生徒さんが倍増する“魔法のルール”とは⇒