ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

神田昌典「仕事のヒント」【オススメ本】

前回のブログで「コンセプト」ということに
少し触れたときに、思い出した本がありました。

ですので、今日はそちらを紹介したいと思います。

こちらです。

はい、どどん!

仕事のヒント/フォレスト出版

もう随分前に出版された本なんですが、良書というのは
時代を超えて色褪せることがありません。

そして、読み返すたびに気づきがあります。

経営コンサルタントの神田昌典先生の著書の中で、
はじめて読むなら、ボクはこれをおススメします。

アーティストで言う「ベスト盤」のような本だからです。

例えば、

「売れるキャッチフレーズを生む5つのミラクル・クエスチョン」

というのが書かれていまして、

そのうちのひとつをカルチャースクールに置き換えてみると

あなたのスクールは、どんなスクールですか?
ずばり25秒以内に説明すると?

というのがあります。

この質問に対する答えをぜひ考えてみてください。

ポイントはですね、25秒間使い切ることですね。

今までいろんな方を見て来ましたが、

「ウチは英会話スクールです・・・●●市にあります・・・」
みたいな5秒程度で終わるケースが結構あります。

これはお客さんにとって、何ら興味を引く要素は
ありませんよね。

だから25秒使い切る。

逆に25秒オーバーするケースもあります。

それは言い過ぎて、返って混乱して遠ざけてしまいます。

これは簡潔にポイントを絞って伝えるようにする。
そして25秒に収めましょう。

それからですね、ミラクル・クエスチョンの2つめに

先ほどの説明をしたときに「ぜひ通いたいです!」と
アタマを下げてくるような生徒さんってどんな人でしょう?

というのがあります。

これもとても重要です。

エスキモーに氷を売ることは大変です。

でも、砂漠でノドがカラカラの人になら
ただの水道水ですらカンタンに売れるでしょう。

そのように、スクールに興味のある人に
興味を引く説明をする。

ノドが渇いている人には、水を差し出して「これいりますか?」
だけでいいわけですね。

わりとコンセプトを凝縮したものが、キャッチフレーズに
なってくることが多いです。

ですので、今日ご紹介したこのふたつの質問の答えを
しっかり考えると

コンセプトがうまく導きだせることがあります。

それ以外にも、珠玉の言葉の数々がこの本の中に書かれています。

ボクも改めて、しっかり読み返してみたいと思います。

教室集客が、今だけ“無料”で学べる動画セミナー

教室 集客

【サンプル画像】 教室 集客

無料動画セミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料動画セミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐに第1回目の動画講座をお届けいたします。

メールアドレス (必須) 例) sample@highcommunication.jp
お名前 (必須) 例) 山田花子

【TSUNAGARUのミッション・ステートメント】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界の発展および社会のさまざまな問題を解決する中心的存在となる人材を多数輩出し、豊かで平和な社会の実現に貢献します
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「生徒さんが倍増する“魔法のルール”」

くわしくはこちらをクリック⇒

(必須)
(必須)

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。


生徒さんが倍増する“魔法のルール”とは⇒