ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

USPを見つけるヒント

「名は体を表す」というお話です。

ボクはHPを作らせていただくときには、
必ず売上げを伸ばす所から逆算して制作しています。

売上げを伸ばすためには、

その方独自の強みやメリット(USP)や、
それを十二分に表現した写真や映像、

さらには、グッとユーザーをひきつけるキャッチコピーや
レターが必要です。

そして、見込みの高いアクセスを集めるうえで
SEO対策も欠かせません。

こういったことを踏まえて、ホームページを
作り込んでいます。

ただ、上記に挙げたような要素はもちろん
大事なんですが、それ以上に大事にしてることがあります。

それは、

「お客様の"らしさ"をきちんと表現すること」 です。

しかし、初対面だったり人となりがわからない中で
"らしさ"を見出すのは結構大変です。

でもそこでボクが着目するのは、その方の「お名前」です。

その人"らしさ"というのは、実はその方の「お名前」に
隠れていることが多いと感じます。

名前はおもに両親がつけてくれますよね。

それからニックネームだって、ひょんなことから
友だちがつけたりします。

それらは、その人たちが考えついたように見えますが、

実はそれは、インスピレーションをキャッチした
だけであって、そもそもの発信元は自分自身な気がします。

名前やニックネームすら、その人自身がはじめから
持って生まれて来る気がするのです。

私は、こういう人生を生きたいと思います。

それを実現させるために、この名前を選びます。

なにか、そんなやりとりを生まれる前にしてたりしてね。

それをご両親やお友だちがぱっと閃いたように
見せかけていたりしてね。

「名は体を表す」と言いますが、ホントに名前には
その人"らしさ"がよく表れているなと思います。

その人"らしさ"の上に成り立つUSPやレターでなければ、
ご本人が納得されないというか・・・

やはり、ご自身がやりがいや愛着を持ってホームページを
可愛がってくれることこそが、売上げの源泉だったりします。

ご本人が、自信を持ってやってることには言動の
端々に自信が感じ取れるものです。

そこに信頼感や安心感を感じ取って、お客さんが
購入や申込みをしてくれるんですね。

おっと、これは意外なシークレットを話した気がします(笑)

ということで、売上げを伸ばすためにも、
いかにその人"らしさ"をボクが表現できるのか?

非常に重要なタスクを担っていると思います。

そして、とてもやりがいのお仕事をさせてもらってるなと
思っています。

ただじーーっと、目を凝らして見ないと
なかなか"らしさ"って見えてこないんですけどね。

目で見るというより、眼で見るといった感覚です。

姓名(生命)の神秘といったところでしょうか。

神秘的なことは、少し曖昧にして終えるほうが
神秘性が増す気がしました。

なので、おわり(笑)

教室集客が無料で学べる動画講座

教室 集客

下の画面をクリックすると、ダイジェスト映像をご覧いただくことができます

くわしいご案内はこちらをクリック⇒

無料動画講座のお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐに第一回目の動画講座をお届けいたします。

メールアドレス (必須) 例) sample@highcommunication.jp
お名前 (必須) 例) 山田花子

【TSUNAGARUのミッション・ステートメント】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界の発展および社会のさまざまな問題を解決する中心的存在となる人材を多数輩出し、豊かで平和な社会の実現に貢献します
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「教室集客を自動化させて人気教室になる方法」

くわしくはこちらをクリック⇒

(必須)
(必須)

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。