ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

言霊?言葉が未来を創る?

「人を安心させる言葉、不安にさせる言葉」
ということを書いてみたいと思います。

例えば、熱が出たとします。

39度5分ぐらいの、インフル的な。

もう寝込むしかありません。

薬を飲んで、寝込むZzz…

そしたら翌朝、38度7分まで下がりました。

でも、これはまだ熱がある状態ですね。

身体も重く、しんどい状態はつづいているでしょう。

もしここで、看病してくれている奥さんかダンナさんが

「具合どう?」

って、聞いて来たとしますよね。

大事なのはココなんです。

そこで、

「うん、まだしんどいけど昨日よりはよくなってるよ」

と言うか、

「まだ、しんどい・・・」

と言うか。

38度7分という事実はひとつなんです。

だけど、言葉によって相手が受け取る印象って、
全然変わって来ますよね。

「まだしんどいけど、昨日よりはよくなってるよ」

と聞くと、快方に向かっているんだと安心しますし。

「まだしんどい」

と聞くと、熱が下がらない状況(厳密には下がってるんですよ。
そういう印象を与えちゃってるんです)に不安にさせてしまいます。

言葉って大事ですよね。

同じ状況でも、一方はプラスの側面を見ていて、
もう一方は、マイナスの側面を見ている。

それによって、受け取る相手もポジティブにも
ネガティブにもなるんです。

つまり、言い換えるなら言葉が未来を引き寄せる。

そして、その言葉の根底にあるのはその人が
物事を見る視点。

ポジティブな視点で物を見る人は、ポジティブな
言葉を使い、やがてポジティブな未来を引き寄せ、

逆にネガティブな視点で物を見る人は、ネガティブな
言葉を使い、やがてネガティブな未来を引き寄せる。

しかし、自分一人で不幸になるならまだしも、

周りに「まだしんどい」とか言って、ネガティブな
気持ちにさせるのはダメでしょう。

そうならないためにも、日頃から物事のいい方向から
見るクセをつけるようにしたいとボクは思っています。

たとえば、今日指を切ったんです。

痛いし、一見すると不幸なんです。

でも、

切断しなくてよかったな、とか

骨折しなくてホントついてるな、とか。

そう思えたら、けっこうこれが不幸じゃなくなるんです。

これはクセにしないといけないですね。

何かヤなことがあっても、一瞬でついてることに
ひっくり返しちゃう。

オセロをひっくり返すみたいに。

ということで、読者のみなさんにも、ちょっと今日一日を
振り返っていただいて、

ちょっとヤだったな、あれ・・・

って、思うことがあったら、それをなんとか
どうにかこうにか、

「でも●●でよかったな」

っていう、ポジティブな言葉にひっくり返してみてください。

いくつかあるなら、そのひとつひとつをくるっと、
ひっくり返しましょう。

教室集客が無料で学べる動画講座

教室 集客

下の画面をクリックすると、ダイジェスト映像をご覧いただくことができます

くわしいご案内はこちらをクリック⇒

無料動画講座のお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐに第一回目の動画講座をお届けいたします。

メールアドレス (必須) 例) sample@highcommunication.jp
お名前 (必須) 例) 山田花子

【TSUNAGARUのミッション・ステートメント】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界の発展および社会のさまざまな問題を解決する中心的存在となる人材を多数輩出し、豊かで平和な社会の実現に貢献します
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「教室集客を自動化させて人気教室になる方法」

くわしくはこちらをクリック⇒

(必須)
(必須)

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。