ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

久保田崇、陸前高田市副市長のトークライブより

フェイスブックである方が書いてらっしゃった
言葉にピキっときまして、そちらを書かせていただきます。

「自分が後々誇ることのできる決断と行動をする。」

久保田崇、陸前高田市副市長がトークライブで
つぎのようにおっしゃったそうです。

「後々誇ることのできる」

っていうのがいいですね。

「後々、後悔しない」

じゃないんです。

「誇ることができる」

のほうが、力強く決断できそうな気がします!

ちなみに「陸前高田市」と聞けばおわかりでしょう。

2011年3月。
東日本大震災によって、大きな被害を受けた街です。

そして久保田副市長は、元内閣府のご出身。

国の仕事として子どもの育成の法案作成などに
関わられていたところから、

突然、陸前高田に赴任指令が下ります。

推薦による抜擢とはいえ、何もかもなくなった陸前高田へ
行かれたときのご経験は、やはり必聴に値します。

そして、トークライブの中で久保田副市長は、
つぎのようにおっしゃったそうです。

後悔のないプロセスを踏む決断をする

関わる人のいろいろな思いを感じながら、意見が分かれるのは
当たり前だから、自分が後々誇ることのできる決断と行動をする。

特にボクがこの一連の言葉の中でインスパイアされたのは、

「自分が後々誇ることのできる決断と行動をする。」

でした。

ボクは今年で34歳。

それが若いのかどうかはわかりません。

ただ、34年間の中でそれなりに「人生の岐路」に
立ち、選択を迫られた経験があります。

そのとき、いつでもボクの中で決め手となったのは、

10年前の自分に、今の自分が胸張っていられるか?

10年前というか、今となっては10代の終わりから
20代のはじめごろの自分ですね。

夢や希望しかなかったあの時代です。

けっして現実じみた大人になりたくなかった。

いくつになっても夢を持って生きて行きたいと思った。

そしてそうなれるっていう、根拠のない自信だけは
大きかった。

そんな自分を前にして、今の自分が取ろうとしている
行動が、胸張っていられるかどうか?

胸張っていられる方へ進もうとしました。

そして今の自分としては、そのときどき胸張ってきたと言えます。

よくよく考えると、そういう大きな決断ほど誰にも相談せずに
自分と対話して決めてきたなと思います。

周りからみたら、バカだなと思える結果に
なったこともあったけれど。

それでも、胸張っていられます。

で、何が言いたいのかっていうと、何もないんですが・・・

結局、人生って誰しもが迷いながら目の前の暗がりを
手探りで歩いている気がします。

(ちょっと壮大なコトを言いますw)

ただ人生経験が深まってくると、それなりに暗がりの
歩き方をね、わかってきて、

ヘンに転んだり、つまずいたりしなくなってくるだけで、

誰だって、いつだって手探りで歩いているんだと思うんです。

20代、2回目やってますなんて人いないしね。

誰だって20代をはじめて経験して、30代もはじめて
経験して・・・。

はじめてなんだから、失敗したり迷ったりするのは
仕方ないんです。

それでも、手探りで「自分の道」をあっち行ったりこっち
行ったりしながら歩いてるんです。

それなのに、自分の目の前の壁にぶつからない方法とか
小石につまづかない方法を周りの人に聞くっておかしいんです。

それはあくまで、その人の前にあった壁を乗り越えた話であって、
おんなじ壁が自分の前にはないんです。

実際はその人よりももっと巨大なね、壁っていうか岩かも
しれないし(暗がりだからわかりません)。

だから参考にはなるかもしれないけど、やっぱり
自分で考えて、行動して、そこを超えて行くしかないんです。

そうなったら、結局は、そのときどきの答えって
自分の中にある。

むしろ、自分の中にしかない。

そう思うんです。

だから月並みな言い方だけど、自分を信じて行動する。

自分の行動に対して責任を持つというか、自分の行動に
胸を張る、
のがとてもとても大事だと思うんです。

現代っていうのは、すごくすごく情報に溢れていて、
周りに人がいればいるほど価値観もさまざまで、

そういう自分の外側に答えを求めていると、カンタンに
情報の波に呑み込まれてしまいそうです。

それで、結局自分はどうしたいのか?わからなくなる。

なんのこっちゃ?ですよね。

そうならないためにも、つねに自分自身に
問いかけるようにしてないといけないなって。

久保田副市長のメッセージから、再認識した次第です。

自分のことを一番よく理解しているのは、自分ですもんね。

自分を信じて。

Trust yourself!

自分の道を歩いて行こう

そこがしあわせの道

教室集客が、今だけ“無料”で学べる動画セミナー

教室 集客

【サンプル画像】 教室 集客

無料動画セミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料動画セミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐに第1回目の動画講座をお届けいたします。

メールアドレス (必須) 例) sample@highcommunication.jp
お名前 (必須) 例) 山田花子

動画教材:人気教室のつくり方7つのステップ

教室 集客

【ダイジェスト動画】

動画教材について、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

3ヶ月で、人気教室をつくる方法

教室 集客

「3ヶ月で、人気教室をつくる方法」について、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

【TSUNAGARUのミッション・ステートメント】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界の発展および社会のさまざまな問題を解決する中心的存在となる人材を多数輩出し、豊かで平和な社会の実現に貢献します
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「生徒さんが倍増する“魔法のルール”」

くわしくはこちらをクリック⇒

(必須)
(必須)

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。


生徒さんが倍増する“魔法のルール”とは⇒