ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

スティーブ・ジョブズ氏のスタンフォード大学でのスピーチ

時折、見返したくなる動画を再びご紹介したいと思います。

アップルの創業者、故スティーブ・ジョブズ氏が2005年、
スタンフォード大学の卒業式で卒業生への祝辞を述べた映像です。

こちらです。

はいどん。

テキストで読みたい方は、日本語訳のサイトも一緒に
ご紹介しておきますね。

こちらをクリック⇒

ボクが特にインスパイアされるのは、最後のほうで語っている
次の部分です。

皆の時間は限られているから誰か他の人の人生を生きることで
時間を無駄にしてはいけない。

教条主義の罠にはまってはならない。
教条主義とは他の人々の思考の結果に従って生きることだ。

他の人の意見という雑音に自分自身の内なる声をかき消されない
ようにしよう。

そして最も重要なことは、自分の心と直感に従う勇気を持つことだ。
心と直感は本当になりたい自分をどういうわけか既に知っている。

その他すべてのことは二の次だ。

まるで、劇薬のような文章ですね(笑)

ともすると、目の前の現実から逃避するために
もっともらしい理由として与えられたかのようです(苦笑)

最近、改めて人生には流れがあるんだと感じています。

そういった話はわりと興味があるほうですし、最近さまざまな
場面でそんなお話を聞く機会がたて続けにありました。

それで、やっぱり人生にはいい時と悪い時があるんだと。

関西にお住まいの方ならおわかりいただけるんですが・・・

551の豚まんがあるとき~、ないとき~

のようなことが人生にもあるということですね。
(ローカルネタですいません:笑)

それで、人生の流れの中で休憩する時期というのが
あるそうなんですね。

その時期には、自分から何かを仕掛けてもうまく
行きにくいんだそうです。

そんな時期に、上記のジョブズの言葉を聞いてしまったら
どうでしょう?

行動に駆り立てられて、結果痛い目を見ることもあります。

ですから大事なことは、自分の心と直感が何を指し示しているのか?を、
その真実を自分自身でしっかりと見極めることだと思います。

自分の心と直感に従う

たとえ、それが辛い道を選択すると思えたとしても、
じっと現状を耐える道を選択するとしても、

本当の自分の心の声にしっかりを耳を傾けて、
体で感じて、日々の行動に移して行きたいですね。

新たに起業するとか、

勤めていた会社を辞めるとか、

離婚してシングルマザーになるとか、

今までの自分から、とても大きな一歩を踏み出す行動を
起こす方もいるかもしれません。

でも自分を信じて踏み出したのなら、必ずうまく行く、
うまく行かせる!と信じてガツガツと逞しく闊歩して欲しいと思います。

もちろん、ボクがサポートできることがあれば、
できるかぎりサポートさせていただきますよ!

教室集客が無料で学べる動画講座

教室 集客

下の画面をクリックすると、ダイジェスト映像をご覧いただくことができます

くわしいご案内はこちらをクリック⇒

無料動画講座のお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐに第一回目の動画講座をお届けいたします。

メールアドレス (必須) 例) sample@highcommunication.jp
お名前 (必須) 例) 山田花子

【TSUNAGARUのミッション・ステートメント】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界の発展および社会のさまざまな問題を解決する中心的存在となる人材を多数輩出し、豊かで平和な社会の実現に貢献します
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「教室集客を自動化させて人気教室になる方法」

くわしくはこちらをクリック⇒

(必須)
(必須)

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。