ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

ネットから入会がゴールではない!

今日は、ネットのお話ではありません。

ですが、生徒さんが入会された後も大事だよなと思ったので、
こんな記事を書いてみたいと思います。

もう1年ぐらい前のことだったと思います。

ウチの父親がiPadを買いたいと言ってたんですね。

だた、iPadにするかGALAXYのタブレットにするか、
迷っていたんです。

たまたま、ボクにAppleのお店で働いていた友だちがいたんです。
そのときは、もう辞めてしまっていたんですが。

それでその友だちに頼んで、お店の方を紹介していただいたんです。

お店に行って、詳しく話しを聞きたかったので。

そして来店することにしました。

ただお店に行けるのが日曜だったので、あらかじめお店の方からは、

日曜は混雑するので、順番に応対するため、待ってもらわないと
いけないかもしれないと、言われていました。

それは仕方ないですし、こちらも日曜しか行けないので
了解のうえで来店しました。

するとやはりお店が混雑していて、ボクらの前に何名か
お客さんがお待ちのようでした。

とりあえず、挨拶だけしに行ったんです。

そしたら、無愛想にいきなり

「お話はさせてもらいますけど、今お客様が先に待っておられるので、
 待っていただくことになりますけど」

と言われてしまいました。

もちろん、こちらもそれを了解のうえで、来店していますし、
待つつもりでした。

しかしボクらは、単に興味本位で来店したお客ではなく、
知り合いを介して、買いたい旨を伝えたうえで来店しているお客です。

つまり、買うつもりで来店してるわけです。

であるなら、もうちょっと丁寧な応対をしてもいいんじゃないでしょうか。

もちろん「特別に扱え」と言いたいのではありません。

ボクが一番カチンときたのは、

ひと言も「ありがとうございます」と言わなかったことです。

「コイツ、客商売ナメとる!」

来店して、挨拶をしに行って返ってきた言葉が

「お話はさせてもらいますけど、今お客様が先に待っておられるので、
 待っていただくことになりますけど」

だったのでね・・・

ちなみにボク、もともとサービスに厳しい飲食店で働いていたので、
その辺、辛口なんです(笑)

でもそれを差し引いても・・・ ねぇ・・・
(ちょっと同意を求めてみるw)

ボクが逆の立場だったら、

「あ、ありがとうございます!

●●くん(ボクの友だち)から伺っています、ありがとうございます!

すぐにご説明させていただきたいんですけど、

ちょっと先にお待ちいただいてるお客様が3名さまほどいらっしゃるので、
お話できるのが●分後ぐらいになってしまうんです。

申し訳ありません。

よろしかったらお待ちいただけますか?」

これぐらいの事は言います。

なぜなら、もう買うつもりで来ているお客さんですから、
粗相があって、買わないと踵を返されては困ります。

そして、紹介して来店してくださっているお客さんですから、
お客さんを怒らせでもしたら、紹介してくれた方にも迷惑がかかります。

そう考えると、丁重に対応すべきだと思います。

もちろん、どんなお客さんにも親身に対応しなくては
いけません。

ですがボク個人としては、

例えば飛行機にファースト、ビジネス、エコノミークラスがあって、
金額によってサービスのグレードが変わるように、

購入見込みのある・なし、購入履歴のある・なし、購入金額や頻度に
応じて対応を変えるほうが、むしろ平等のように思うのです。

であるなら、紹介で購入見込みのあるお客さんへの
対応は丁重であるべきだと思うんです。

にも関わらずですよ、無愛想なのはガマンしても
(ホントは接客業にはあるまじき!)

「ありがとうございます。」がひと言もないなんて・・・

「コイツ、客商売ナメとる!」

そう思わざるをえません。

結局、ウチの父親はGALAXYを買いました。

もちろん、その対応だけが原因ではありませんが、
それが原因のひとつであるのは間違いありません。

もう買うつもりで、財布を開いている客を自分から
追い返すようなことをしてることに気づかない・・・

これって損だと思うんです。

何が損かって、買わなかったことだけじゃなくて、こうやって今、
その事実がこの記事で全世界に発信されてるワケですw

ブログじゃなくても、やはり一人のお客さんの後ろには何人もの
未来のお客さんがいるわけで、さらにその後ろにも・・・

ですから一人、お客さんを失えば、その後ろにいる何十人っていう
お客さんも同時に失っている
と思うんです。

この損失たるや・・・(-_-;)チーン

でですね、今日一番お伝えしたいことは、

ボクらはそういうことはしないでおこう

ということなんです。

どれだけホームページでいいことを書いていても、
楽しそうな雰囲気を伝えていても、

実際に行ってみたら、書いていることと違ってたり、
楽しくなかったり、親身じゃなかったり・・・

そういうことをしていれば、せっかく生徒を集めても
いずれ辞められてしまうわけなんです。

ホームページを見て入会するということは、実際に
行ったことも、会ったこともない場所に行くわけです。

生徒さんにしてみれば、いろいろと不安なこともあるなかで、
それでもあなたのスクールで学びますと決めてくださってるワケです。

そして毎月の生活費の中からやりくりして、月謝を払って
くださるわけです。

これがわかっていたら「ありがとうございます。」なんて
何回言っても足りないとボクは思います。

ひと言もない、なんてあり得ないです。

コントかギャグとしか思えません。

はい、ということでですね。

ネットから生徒募集をするということ、そして入会して
もらうということは、

ゴールではなく、そこからがスタートです。

ホントのスクールの価値は、そこから評価されるんです。

もし件のお店の方が、今日のブログを読んでくれていたとしたら、
ぜひ明日からは、

お客さんに対応するひと言目には「ありがとうございます。」を
言ってもらいたいものですね。

教室集客が、今だけ“無料”で学べる動画セミナー

教室 集客

【サンプル画像】 教室 集客

無料動画セミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料動画セミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐに第1回目の動画講座をお届けいたします。

メールアドレス (必須) 例) sample@highcommunication.jp
お名前 (必須) 例) 山田花子

【TSUNAGARUのミッション・ステートメント】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界の発展および社会のさまざまな問題を解決する中心的存在となる人材を多数輩出し、豊かで平和な社会の実現に貢献します
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「生徒さんが倍増する“魔法のルール”」

くわしくはこちらをクリック⇒

(必須)
(必須)

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。


生徒さんが倍増する“魔法のルール”とは⇒