ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

思い込み勘違い症候群

さて今日は「思い込みの枠」ってかなり狭いな・・・
っていうお話です。

昨日、地元の友だちから電話がありました。

でも、出られなかったんです。

それで、30分後ぐらいに折り返したんですが、
今度は友だちのほうが出ない・・・。

そしたらまた2時間後ぐらいにかけ直してくれたんですが、
またもやタイミングが悪くボクが出られない・・・。

ということで、その後、友だちから

「また連絡します」ってメールが来ました。

それが15時ごろのことです。

その友だちとは、今週末に行われる地元の仲間の
結婚式の二次会の幹事をしているんですね。

それで、二次会関連の話で連絡してきたのかと思いました。

急ぎの用件か何かだと”思い込んで”いました。

それもあって、その時点でボクのアタマの中では「また連絡します」は、
今日中にかかってくるだろうと思っていました。

だけど結果から言うと、その日のうちにかかってきませんでしたw

たぶん話題も二次会ではない気がしてきましたw

これは完全にボクの思い込みでした。

そもそも、二次会のことで連絡してきたのかどうかわかりません。

そして15時ごろにかかってきたので、今日中にはまた連絡が
くるだろうというのも思い込みです。

それはボクの生活スタイルが、夜は比較的時間が取りやすいため
相手も同じだと勘違いしていたのです。

だから、電話の一本はできるだろうと・・・。

でももしかしたら、夜遅くまで仕事してる可能性だって
相手にはあるワケです。

そんなこんなで、「あ~思い込みってダメだな」と
思った次第です。

自分の価値観だけで物事を判断するのはいけないですね。

“こう”だと思い込んでしまっていたら、それ以外の
考えが思いつきません。

「カルチャースクールなのにインターネットで生徒が来ないでしょ!?」

このように思い込んでいる方が未だにおられます。

けれど実際は、生徒が集まっています。

「ネットで生徒募集はできない」

そう思い込んでいると、それ以外の考えを受け入れられなくなります。

なので、どっかでつねに「これって自分の思い込みじゃない!?」って
客観視することって大事だなと思います。

ちなみに、こういう経験をすると、

「相手はこう思ってるんじゃないだろうか?」

っていう、自分視点での考えがきっと外れてるんだろうなと
気づかされます。

その時点で、思い込みが入ってしまっていますので。

特にボクは思い込みが激しいほうでして・・・(^_^;)

昔、GLAYのライブを「6日」だと思い込んでいて、
ライブ当日にチケットを引っぱり出してきたら
「5日」ということがありました(ToT)

思い込みの枠を外して、どんどん視野を広げて行きたいなと
思います。

ちゃんちゃん♪

教室集客が、今だけ“無料”で学べる動画セミナー

教室 集客

【サンプル画像】 教室 集客

無料動画セミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料動画セミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐに第1回目の動画講座をお届けいたします。

メールアドレス (必須) 例) sample@highcommunication.jp
お名前 (必須) 例) 山田花子

【TSUNAGARUのミッション・ステートメント】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界の発展および社会のさまざまな問題を解決する中心的存在となる人材を多数輩出し、豊かで平和な社会の実現に貢献します
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「生徒さんが倍増する“魔法のルール”」

くわしくはこちらをクリック⇒

(必須)
(必須)

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。


生徒さんが倍増する“魔法のルール”とは⇒