ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

お客さんはいつもビジー

先日、「選択と集中」が大切だというお話をしました。

●講座がたくさんある場合の入会率を高める方法
http://highcommunication.jp/2012/07/post-107.html

このように、私たちがお客さんに伝えたいことって山のようにあります。

けれど、お客さんの頭の中はつねにビジーな状態です。

仕事のこと、友だちとの旅行のこと、晩御飯のこと、帰りにスーパーで
何を買わないといけないか?

あ、トイレの電球が切れたんだ。

今日は月9観なきゃ!etc

そういった日常のあらゆることで頭の中がいっぱいです。

そのいっぱいの中のほんの一部分に、

「英会話習いたいな」ですとか「お花習いたいな」といったことを
考えているんですね。

ですから、たくさんの情報を受け入れるキャパがありません。

だからこそ、伝えるべきメッセージを厳選して伝えなければいけません。

ちょっと想像してみてください。

書道では、真っ白な半紙に、真っ黒い墨で字を書きますよね。

例えば、お正月の書き初めで「謹賀新年」と書いた経験がある方も
おられるでしょう。

少し哲学的なのですが、どうしてこの半紙の上に書いた
「謹賀新年」という文字が読めるのでしょうか?

それは単純に、真っ白い半紙の上に、真っ黒い墨で書いているからです。

しかし、もうひとつの考え方は

真っ黒い墨の周りの空間が、真っ白いから

とも考えられます。

もし、半紙が真っ黒なら当然、真っ黒い墨で書いた字を
認識することはできません。

また、半紙が仮に虹色だったりしたら目がチカチカして
こちらも認識しづらいと思います。

周りに何もない状態、いわば「空」であるからこそ、
存在が際立つという考え方ですね。

何を言いたいのか?というと、

ホームページでは、何をお客さんに伝えるべきなのか?

ということと同じくらい

何を伝えないでおくべきか?

ということも大事なんです。

先ほどの書道になぞらえて考えると、

お客さんに伝えたいことをきちんと伝えるためには、ホームページに
伝えたいことをきちんと書く

ということと、

本当に伝えたい情報の周りにあるもの、

つまり、本当に伝えたい情報以外の情報をそぎ落として、
真っ白な状態をあえて作ることが大切です。

またこんな考え方もできます。

スクール側は、どうしてもたくさんの情報を伝えたい。

けれど、読み手はその全部を受け入れるキャパがない。

ならば、何を伝えないでおくか?を考えると、必然的に
本当に伝えるべき情報のみが伝えられるようになります。

つまり、情報の「選択と集中」ができるようになるんですね。

その結果、お客さんにとっては余計な情報がない分、クリアに記憶に
残りやすくなります。

ですから、まず「ホームページで何を伝えるべきか?」
ということを紙にでも書き出してみてください。

そして、書き出したものの中で「これは本当に伝えるべき?」と
推敲して、伝えるべきことを厳選して行きます。

例えば、「ウチのスクールはこんなトコがいい!」と
思うことを書き出すとしますね。

だけど、実際には読み手が覚えていられるのは、せいぜい
3個ぐらいではないでしょうか?

それなのに、6つも7つも「ココがいい!」ということを書いておくと、
結果的にどれもボヤけて記憶に残りにくくなります。

ですから、本当に、明らかに他のスクールと比べても「ココがいい!」
というところだけをホームページ上では、伝えるようにするようにします。

そうすることで情報の贅肉がそぎ落とされ、シンプルだけど
訴求力のある文章が書けるようになってきます。

ポイントは、まず書き出すことですね。

そして、そこから厳選して行く。

何を伝えるべきか?

何を伝えないべきか?

このふたつをじっくりと考えてみてください。

教室集客が無料で学べる動画講座

教室 集客

下の画面をクリックすると、ダイジェスト映像をご覧いただくことができます

くわしいご案内はこちらをクリック⇒

無料動画講座のお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐに第一回目の動画講座をお届けいたします。

メールアドレス (必須) 例) sample@highcommunication.jp
お名前 (必須) 例) 山田花子

【TSUNAGARUのミッション・ステートメント】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界の発展および社会のさまざまな問題を解決する中心的存在となる人材を多数輩出し、豊かで平和な社会の実現に貢献します
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「教室集客を自動化させて人気教室になる方法」

くわしくはこちらをクリック⇒

(必須)
(必須)

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。