ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

GLAYのライブ@長居スタジアムに行ってきました

昨日GLAYのLiveに行ってきました。

真夏のビッグイベント

その名も・・・

GLAY STADIUM LIVE 2012

THE SUITE ROOM

in OSAKA NAGAI STADIUM

Super Welcome Party

はいどん!


GLAY 長居スタジアム

開演前のステージの模様をちょこっとお見せします。
(まだ今日もあるので、ネタバレはしません。)

昨日と今日で10万人のGLAYファンが長居スタジアムに
全国から集結します。

また、ライブビューイングという形で全国、全世界の映画館で
このライブの模様が上映されています。

今回のライブのコンセプトは「HOTEL GLAY」ということで、
HOTEL TRUSTY 心斎橋」さんとコラボしたステイプランは、
即日予約が埋まっています。

これを見る限り、ホントに世の中不況なのか?と
首を傾げたくなるくらいです。

そして、今回の2日間のライブの観客の9割がなんと
ファンクラブ会員なんだそうです。

ファンクラブ会員というのは、あえて商売的に表現すると、
常連さん、お得意さんですね。

ホントにGLAYがスキでスキで、もうずーっとファンをしている
人たちが9万人近くもいるという単純計算。

これってホントにスゴいことだと思います。

長い間活動をつづければ、スキになる人もいれば
離れて行く人もいます。

そして、ずっと第一線で活動しつづけられるという保証もありません。

そんな中で、GLAYをスキだと思ってファンになった方の
心をつかんで離さないためには、

つねにクオリティの高い音楽活動が求められるはずです。

そして、真摯に音楽に向き合う姿勢が求められるはずです。

そしてそして、真摯に向き合ううえでは、つねに新しい何かに
挑戦しつづけることが求められるはずです。

そうやって時代の流れとともに変化しつづけ、真摯に音楽に
向き合い、挑戦し、

そして最高の音楽を多くの人たちに届ける。

その姿や想いが、しっかりとファンに届くからこそファンの心を
つかんで離さないのだと思います。

事実、ボクもはじめてGLAYのライブに行ったのが1998年。

もう今から14年も前のことです。

そして、今も毎年のようにライブがあれば足を運んでいます。

昨日たまたま隣になった方も、ボクと同じ時期にファンになり
ずっとGLAYのライブに行っていると言っていました。
(ボクよりもだいぶ年下だった)

きっとボクらと同じようなファンがたーっくさん居たんだと思います。

そこここで聞こえる会話を耳にすればわかりますし、Liveでの
一体感からそれは容易に理解できます。

それこそがまさにLiveの醍醐味です。

GLAYを応援しつづけることで、大切な想いの原点に立ち返る
ことができます。

・夢を持つことの大切さ

・スキなことやって生きて行くことの大切さ

・つねに純粋な気持ちを忘れない大切さ

・つねに挑戦しつづける大切さ

GLAYから学んだこと、感じるものはもちろん人それぞれです。

だけど、ボクがGLAYから学んだこと、感じるものの代表は、
今上に書いたことです。

ボクは10代のころに抱いていた純粋な夢や、想いといったものを、
日々の生活の中で、知らず知らずのうちに忘れてしまうことがあります。

けれど、大人になっても生きていくうえで大切なものって
そんなに変わるものじゃない。

GLAYのライブに行くたびに、そういった忘れていた大切なことに
改めて気づかせてもらえます。

そしてまた、大切なものを胸に秘めて今日からを歩いて行こう
そう思わせてくれます。

・夢を持つことの大切さ

・スキなことやって生きて行くことの大切さ

・つねに純粋な気持ちを忘れない大切さ

・つねに挑戦しつづける大切さ

それをいつもステージ上で魅せてくれているからなのでしょうね。

最後に、このことはビジネスというフィールドにおいても
同じことのように思います。

例えば、カルチャースクールの経営をして行くうえで

・夢を持つことの大切さ

・スキなことやって生きて行くことの大切さ

・つねに純粋な気持ちを忘れない大切さ

・つねに挑戦しつづける大切さ

それを忘れず、日々活動して行くことができれば多くの生徒(ファン)が
集まってくれるでしょうし、

そういう人たちと長く、素晴らしい時間を過ごして行けるの
だろうと思います。

カンタンに言葉にはできますが、実行することは容易くありません。

だからこそ、価値がある。

そう信じて、ボクはつねに夢を持ち、挑戦しつづけたいと、
昨日のライブで気持ちを新たにしました。

そして今日は2日目。

今日のライブサブタイトルは昨日とは違います。

GLAY STADIUM LIVE 2012

THE SUITE ROOM

in OSAKA NAGAI STADIUM

Big Surprise Party

どんなBig Surpriseが登場するのでしょう。

昨日とはまた違うライブ内容になりそうです。

そこがまたファンの気持ちをつかんで離さないんですよね~☆

全身で、五感で、200%楽しんで来ます!

教室集客が、今だけ“無料”で学べる動画セミナー

教室 集客

【サンプル画像】 教室 集客

無料動画セミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料動画セミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐに第1回目の動画講座をお届けいたします。

メールアドレス (必須) 例) sample@highcommunication.jp
お名前 (必須) 例) 山田花子

動画教材:人気教室のつくり方7つのステップ

教室 集客

【ダイジェスト動画】

動画教材について、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

3ヶ月で、人気教室をつくる方法

教室 集客

「3ヶ月で、人気教室をつくる方法」について、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

【TSUNAGARUのミッション・ステートメント】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界の発展および社会のさまざまな問題を解決する中心的存在となる人材を多数輩出し、豊かで平和な社会の実現に貢献します
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「生徒さんが倍増する“魔法のルール”」

くわしくはこちらをクリック⇒

(必須)
(必須)

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。


生徒さんが倍増する“魔法のルール”とは⇒