ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

文章を”小分け”したら反応が上がりました!

さて、昨日「改行」をたっぷり取ることで、反応率が
上がるというお話をしました。

http://highcommunication.jp/2012/07/post-102.html

ぱっと見たときの文字がつまった感というか、圧迫感を
軽減することで文章が読みやすくなるんですね。

それで、今日は昨日のつづきを書きたいと思います。

昨日、こんなことを書いていました。

————————————————————————–
ちなみに、先ほどBefore&Afterでの比較にあまり差が出なかったのは、
他にも理由があります。

実は、それを意識するだけでも文章がグッと読まれやすくなります。
————————————————————————–

「あまり差が出なかった、他の理由」

これについてお話したいと思います。

これはですね、ズバリ

『1文の文章量が少ないこと』

なんですね。

「一文一意」という言葉をご存知ですか?

これは、

「ひとつの文章に、伝えたいことはひとつ」

という意味なんです。

例えば、つぎの文章を見てください。
————————————————————————–
先日、たまたま車でラジオをかけていたら、「やってはいけない風水」
という本を出版されている風水アドバイザーの紫月香帆さんという方が
出ておられました。
http://goo.gl/7LBXe

何でも、台所は悪い気が溜まりやすい場所なんだそうで
それを聞いてさっそく昨日台所を掃除したんですが、
やり出すと、ここも、あそこもと汚れが気になったので
これはしばらくは掃除強化月間がつづきそうです(笑)
————————————————————————–

上の文章だと、ひとつの文章(センテンス)の中に伝えたい
意図がふたつもみっつも含まれています。

そうすると、結果的に文章が長くなってしまい、
ひとつの文章で3行も4行も使っています。

行数が増えるということは、それだけ文字が詰まることになります。

文字が詰まれば圧迫感が出ますから、読み手はどうしても
読みづらくなって精読率が下がります。

そうならないために、「一文一意」の原則に則って
文章を書くようにします。

そうすると、先ほどの文章もつぎのようになります。

————————————————————————–先日、たまたま車でラジオをかけていたんですね。

そしたら、紫月香帆さんという方が出ておられました。

風水アドバイザーの方らしく、「やってはいけない風水」という
本なども出版されています。

http://goo.gl/7LBXe

何でも、台所は悪い気が溜まりやすい場所なんだそうです。

それを聞いて、さっそく昨日台所を掃除しました(笑)

やり出すと、ここも、あそこもと汚れが気になりますね・・・
しばらくは掃除強化月間がつづきそうです(笑)
————————————————————————–

「一文一意」で書くと、ひとつの文章が1行で済むことが多いです。

長くなっても2行ですね。

どうしても長くなりすぎても3行。

それ以上多くなるとしたら、それは「一文一意」じゃないはずです。

ひとつの文章が短くなるということは、それだけ文字の
圧迫感を軽減できます。

また「改行」を取りやすくなります。

そうすることで、読み手に読みやすさを与えることができるので
精読率が上がるのです。

ある意味、文章も「デザイン」なんですね。

ぱっと見たときの「美しさ」のある文章は読みやすい。

そして実際には、「わかりやすい」ということも言えると思います。

あなたの文章は「一文一意」でしょうか?

ひとつの文章で3行、4行と使っていたら、それは「一文二意」や
「一文三意」になっているかもしれません。

そういう場合は、文章を”小分け”して「一文一意」の文章に
整えてあげてください。

教室集客が無料で学べる動画講座

教室 集客

下の画面をクリックすると、ダイジェスト映像をご覧いただくことができます

くわしいご案内はこちらをクリック⇒

無料動画講座のお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐに第一回目の動画講座をお届けいたします。

メールアドレス (必須) 例) sample@highcommunication.jp
お名前 (必須) 例) 山田花子

【TSUNAGARUのミッション・ステートメント】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界の発展および社会のさまざまな問題を解決する中心的存在となる人材を多数輩出し、豊かで平和な社会の実現に貢献します
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「教室集客を自動化させて人気教室になる方法」

くわしくはこちらをクリック⇒

(必須)
(必須)

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。