ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

競争の時代は終わりました。これからは共創の時代です。

「お客さんは取ったアカン」というお話です。

先日、友人のパン屋さんに行ったときのことです。

「○○っていうパン作ってよ」

友人なので、ときどき自分が食べたいパンを商品化してほしいと
リクエストすることがあります。

彼の中でできそうならまず作ってみて、何度も試作を重ねて、
商品化できそうなら店頭に並びます。

それで、某コンビニで売っていたボクが好きなパンを
作ってほしいとお願いしたのです。

味は間違いないお店なので、同じ物を作ったらおそらく
彼のほうがおいしいだろうし、人気が出ると思ったからです。

ま、半分冗談みたいなカンジで言ったのですが、

けれど、ちょうどそこに居合わせたパートのおばちゃんが言った
つぎのひと言に考えを改めさせられました。

そのひと言とは・・・

「そんなん、お客さん取ったアカン!」

ボクがそのひと言を聞いて、すぐに感じたことは、

巡り巡って自分に返ってくる

ということでした。

同じようなパンを作ること自体は、問題ではないと思います。

だって、クロワッサンはどこのパン屋さんにもありますし、
食パンだって、バケットだってあります。

けれど、パンを作って相手(ライバル)のお客さんを
奪おうとすることはいけません。

シェアを奪い合う競争には、怒りや憎しみがつきまといます。

奪われる側に、大きな怒りを与えることになります。

そうすると、いずれ自分が奪われることになるかもしれない。

怒りや憎しみが増幅されれば、シェアどころか命までもが
奪われることも実際に起きていますね。

また、直接的にライバルにシェアを奪われなくても、

社員が経費を横領したり、経営者自身が体を壊して入院したりと、
結果的に利益を減らしてしまうことが起きたりします。

このように、

自分がしたことが必ず巡り巡って自分に返ってくる。

それがこの世の中のしくみだとボクは思います。

だったら、いいことをしてたくさんいいことが
自分に返ってくるようにしたいですね。

そのためには、シェアを奪い合う「競争」ではなく、

シェアを分かち合う「共創」が大事です。

○○がほしかったらAさん。

▲▲がほしかったらBさん。

□□がほしかったらCさん。

互いの違いを認め合い、それぞれが特徴的な魅力ある商品を
お客さんに提供し、

それぞれがそれぞれのシェアを生み出して行くような
「共創」をしたいなと思います。

共に創ろう。

教室集客が、今だけ“無料”で学べる動画セミナー

教室 集客

【サンプル画像】 教室 集客

無料動画セミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料動画セミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐに第1回目の動画講座をお届けいたします。

メールアドレス (必須) 例) sample@highcommunication.jp
お名前 (必須) 例) 山田花子

【TSUNAGARUのミッション・ステートメント】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界の発展および社会のさまざまな問題を解決する中心的存在となる人材を多数輩出し、豊かで平和な社会の実現に貢献します
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「生徒さんが倍増する“魔法のルール”」

くわしくはこちらをクリック⇒

(必須)
(必須)

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。


生徒さんが倍増する“魔法のルール”とは⇒