ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

問い合わせから入会を増やすコツ

問い合わせがあった方を入会につなげるコツをお話したいと思います。


問い合わせには2つのパターンがあります。

電話をかけてくるパターンと、ネットからのパターンです。

まず、どちらも前提として理解しておかなければいけないことは、


問い合わせをしてくる段階で、お客さんは興味をかなり持っている
ということです。


問い合わせをするというのは、自発的な行為です。

ご自分が興味を持って、ご自分の意志で電話をかけたり、メールを
書いたりをされています。


意外と電話をかけることも、メールを書くことも手間ですし、
「売り込まれたら」という警戒心もあります。


にも関わらず、問い合わせをしてくださる方というのは、
あなたのスクールを信頼してくださっていることでもあり、

あなたのスクールに大変興味を持っているという状態なのです。


であるなら、最後にポンと背中を押してあげることができれば
入会してくださいます。


電話での問い合わせの場合は、ていねいに受け答えをしてあげてください。

先ほども書いたように、問い合わせをしてきてくださるというのは、
信頼していただいている証でもあります。


ですから、問い合わせをしてきてくださったことに感謝の気持ちを
込めて、対応するようにしましょう。


ネットからの問い合わせの場合には、できる限りすぐに返信することが
入会率に大きく影響します。

こういう場合には、Gmailなどのいわゆるウェブメールが役立ちます。


ネットに繋がっていれば、いつでもどこでも、どのパソコンや
ケータイからも自分のメールをチェックできるからです。

今使っているメールアドレスへのメールでも、Gmailに転送させる
こともできるんです。


そのようにして、できる限り素早い対応をする。

そして、メールにおいてもやはり感謝の気持ちを込めて、
誠実なトーンで返信するようにしましょう。


ちなみに、電話とネットからだと電話からの問い合わせのほうが
入会しやすい傾向にあります。

ホームページではわかりづらかった内容を、具体的に聞くことが
できますし、電話応対での印象から雰囲気を判断できるからです。


仮にどれだけ詳しく説明してくれたとしても、話し方が上から目線
だったり、鼻につく言い方だとそれでイヤになることもあります。

逆に、特別詳しく説明しなくても応対の印象がよければ
入会してくださることもあります。


何度もくり返しますが、問い合わせをしてきた時点でお客さんは、
あなたのスクールを信頼し、興味を持ってくださっています。


あとは、背中をポンと押してあげるだけなのです。


ですから、問い合わせにはていねいに、親身に、素早く対応する。

意外と単純ですが、とても大事なことです。


それが問い合わせから入会を促進させるコツですね。

教室集客が無料で学べる動画講座

教室 集客

下の画面をクリックすると、ダイジェスト映像をご覧いただくことができます

くわしいご案内はこちらをクリック⇒

無料動画講座のお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐに第一回目の動画講座をお届けいたします。

メールアドレス (必須) 例) sample@highcommunication.jp
お名前 (必須) 例) 山田花子

【TSUNAGARUのミッション・ステートメント】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界の発展および社会のさまざまな問題を解決する中心的存在となる人材を多数輩出し、豊かで平和な社会の実現に貢献します
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「教室集客を自動化させて人気教室になる方法」

くわしくはこちらをクリック⇒

(必須)
(必須)

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。