ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

【オススメ本】スティーブ・ジョブズ驚異のイノベーション

今日ご紹介するのは、先日動画でもご紹介したスティーブ・ジョブズ氏に
ついて書かれた本です。

はいどん。

スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション
―人生・仕事・世界を変える7つの法則(カーマイン・ガロ:著)


ボクがこの本の中で、とりわけ参考になったのはジョブズ氏の
この言葉、


「何をしてきたかと同じくらい、何をしてこなかったかを誇りたい」


です。


ジョブズ氏は、アップルの創業者でありながら一時、追放されています。

しかしその結果、アップルは業績が低迷し、倒産寸前にまで追い込まれます。


そのときに、ジョブズ氏がふたたびアップルに復帰し、
そこから現在にまでつづくアップルの大躍進が始まります。


ジョブズ氏が復帰した直後まず行ったこと。

それは、

アップルで製造しているパソコンを4機種だけに絞ったことでした。


その4種類の分け方というのも、非常にシンプルです。


●一般ユーザー向けのデスクトップ

●一般ユーザー向けのポータブル(ノート)

●プロユーザー向けのデスクトップ

●プロユーザー向けのポータブル(ノート)


この4つでした。

これによって、新製品の開発にかける資源を集中できます。

資金、人材、時間・・・。

その結果、新製品の開発サイクルを短縮し、かつクオリティの高い
製品の開発できるようになったのでした。


ボクたちも日々の仕事の中で「やらなければいけないこと」って
ありますよね。

To Doとか言ったりもしますが。


しかし、「何をやらなければいけないのか?」を考えると同時に、
「何をやらないべきなのか?」ということも考えるべきだと思うのです。


本当に必要なのか?

本当に本当に必要なのか?

本当に本当に本当に必要なのか?


こうして、やるべきでないことを明確にすることで、
かえって今、本当にやるべきことが見えてくることがあります。


それって、いわゆる「本質」が見えた瞬間だと思います。


ジョブズ氏は、製品開発の過程において1つのイエスに行き着くために、
時には1000ものノーを突きつけたと言っています。

このようなジョブズ氏の哲学によって、アップル製品は極限まで
ムダを削ぎ落とし、洗練されることで多くの人たちを魅了してきたのです。


「洗練を突きつめると簡潔になる」


iPodのデザインについて、ジョブズ氏はこのように表現したそうです。

ジョブズ氏の哲学を、見事に表現した言葉だと思います。


限られた人生の中で、

ボクたちは何をすべきなのでしょうか?

そして、それを考える前に

何をすべきではないのでしょうか?


この問いを通じてあなたの毎日が、より洗練されたものに
なることを願っています。

教室集客が、今だけ“無料”で学べる動画セミナー

教室 集客

【サンプル画像】 教室 集客

無料動画セミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料動画セミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐに第1回目の動画講座をお届けいたします。

メールアドレス (必須) 例) sample@highcommunication.jp
お名前 (必須) 例) 山田花子

【TSUNAGARUのミッション・ステートメント】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界の発展および社会のさまざまな問題を解決する中心的存在となる人材を多数輩出し、豊かで平和な社会の実現に貢献します
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「生徒さんが倍増する“魔法のルール”」

くわしくはこちらをクリック⇒

(必須)
(必須)

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。


生徒さんが倍増する“魔法のルール”とは⇒