ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

情熱大陸[プリンセスプリンセス]

おはようございます、増地です。

今朝、ふと思い立って髪の毛をカラーリングしてます。
今カラーリング中に、ブログを書いています(笑)

そして、ふと思い立って先日テレビで放送された、
情熱大陸のプリンセスプリンセスについて書きたいと思います。


ちなみに、ビジネスには全然関係ありません(笑)

こちらをクリックすると動画サイトに移動します⇒


ボクは5歳上の姉がおりまして、その影響でプリンセスプリンセス
(以下プリプリ)は、リアルタイムでよく耳にしていました。

特に「世界でいちばん熱い夏」が好きです。


昨年起きた東日本大震災を受けて、今年1年間限定で再結成を果たしたプリプリ。

震災直後から、様々なアーティストが復興支援のチャリティイベントを
開催されています。

しかしプリプリの再結成のLiveが行われたのが先月20日。

ここまで、再結成からLiveまでにタイムラグがあったのは、
練習してたからだそうです(笑)


解散から16年。

各メンバーが結婚や出産や、はたまた離婚を経て、演奏ブランクが
10年以上もあるメンバーも。


普通の主婦として日常を送っていた彼女たち。

しかし、「自分たちにできること」を問いつづけた結果、
プリプリは、輝くステージに帰ってきました。


番組では、そんな彼女たちが日常とアーティストというある種の
非日常を猛然と行き来する模様が伝えられていました。


これを観て、あらためて人の幸せのカタチというのはひとりひとり
それぞれなんだなと感じました。


彼女たちと同世代である、ドリカムの吉田美和ちゃんのように、
音楽シーンの最前線をずっと走り続けることで得てきた幸せがあり、

プリプリのように一時代を築きながらも、今はひとりの母として
妻として手にしている幸せもある。


どちらがいいとかじゃなくて、幸せはいつもひとりひとりの中にある。


ただ、今の時代は母になったりアーティストになったりを
行き来できる幸せもあるんだなと感じました。

いい時代ですね☆


番組の最後では、次回のLiveに向けてスケジュールを組んでいるシーンが
流れていました。

そこでボーカルの岸谷香さんが子どもたちを友人か、家族かに預かって
もらうよう電話でお願いしていました。


日常と非日常の狭間に垣間見えたリアル。

そして彼女たちはまた今日も、ふたつの世界を猛然と
行き来しているでしょう。

教室集客が、今だけ“無料”で学べる動画セミナー

教室 集客

【サンプル画像】 教室 集客

無料動画セミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料動画セミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐに第1回目の動画講座をお届けいたします。

メールアドレス (必須) 例) sample@highcommunication.jp
お名前 (必須) 例) 山田花子

動画教材:人気教室のつくり方7つのステップ

教室 集客

【ダイジェスト動画】

動画教材について、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

3ヶ月で、人気教室をつくる方法

教室 集客

「3ヶ月で、人気教室をつくる方法」について、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

【TSUNAGARUのミッション・ステートメント】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界の発展および社会のさまざまな問題を解決する中心的存在となる人材を多数輩出し、豊かで平和な社会の実現に貢献します
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「生徒さんが倍増する“魔法のルール”」

くわしくはこちらをクリック⇒

(必須)
(必須)

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。


生徒さんが倍増する“魔法のルール”とは⇒