ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

STEP4:お客さんが通わない理由を解消する

前回までで、入会率を上げて行くうえで非常に重要な
ポイントとして、まず

「理想の生徒さんは誰?」

それを具体的に絞り込みましょうと、お伝えしてきました。


今回は、その「誰」に「何を」言うか?

ということをお伝えしたいと思います。

あなたの教室に通いたいと思っている方に対して
「何を」伝えれば


「ぜひ、通いたいです!」


と思ってもらえるでしょう?


それを考えるうえでは、

どうしてまだこの方は、ウチの教室に通っていないのか?

ということを先に考えるといいと思います。


もしあなたがダンス教室を開講されていて、まだこの方が、
教室に通わないのには、こんな理由があるかもしれません。


・自分もできるようになるかしら?
・どんなダンスを教えてくれるんだろう?
・どんな人が先生なんだろう?
・どんな人が先生なんだろう?
・怪しくない?


こういったある意味、教室に通ううえでの「悩み」というか
「ネック」となることが理由としてあるはずです。


このネックを解消してあげることを伝えてあげると、
そのお客さんが、実際に教室に通うことに現実味が出てきます。


例えば先ほど挙っていた

・自分もできるようになるかしら?

については、


「初心者の方でも踊れるようになります」、
「ダンスが初めての方でも、やさしく指導します」 、
「初めての方でも、3ヶ月で基本的なステップをマスターして踊れます」


というようなことを、ホームページ上で書いておいてあげると
「ネック」はひとつ解消されますよね。


もっといいのは、ダンス初心者の方が3ヶ月でどのくらい上達
するのか?を動画で見せてあげることですね。

レッスン初日の様子と、3ヶ月後のレッスンの様子を映像で
見せてあげるのです。


ホームページは言葉だけじゃなく、映像や写真でも伝えられます。


動画の撮影は今や、ケータイでもできます。

スマホなら、かなりキレイな画質で撮影ができます。


そして、その映像はYou Tubeにカンタンにアップできますから、
映像で見せてあげるというのは意外とカンタンにできるんです。


このような流れで、お客さんが通う前に感じている「ネック」を
ひとつひとつ解消して行きます。


そして、それらの中で「最大のネック」だと思われることは、
TOPページの冒頭で伝えてあげるといいでしょう。

最大のネックを一番最初に解消してあげましょう。


そうやってお客さんを

「ぜひ通いたい!」モードに連れて来てあげるのです。

教室集客が、今だけ“無料”で学べる動画セミナー

教室 集客

【サンプル画像】 教室 集客

無料動画セミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料動画セミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐに第1回目の動画講座をお届けいたします。

メールアドレス (必須) 例) sample@highcommunication.jp
お名前 (必須) 例) 山田花子

動画教材:人気教室のつくり方7つのステップ

教室 集客

【ダイジェスト動画】

動画教材について、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

3ヶ月で、人気教室をつくる方法

教室 集客

「3ヶ月で、人気教室をつくる方法」について、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

【TSUNAGARUのミッション・ステートメント】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界の発展および社会のさまざまな問題を解決する中心的存在となる人材を多数輩出し、豊かで平和な社会の実現に貢献します
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「生徒さんが倍増する“魔法のルール”」

くわしくはこちらをクリック⇒

(必須)
(必須)

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。


生徒さんが倍増する“魔法のルール”とは⇒